んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 08日

真のファンなら立場とか個人の利害だけでモノを言うな

プロ野球・選手会のスト発動に関して、昨日から今日にかけてTV・ラジオ・新聞で賛成反対それぞれの意見を見聞きしました。

その中で、反対意見を言っている人を挙げると、
・スト発動日のチケットを買ったファン
・ストには賛成だがオリックスのホーム最終戦がストで中止になるのは嫌だ、
 と訴えるオリックスファン。
 (それがホームで観られる最後のオリックスの試合になるかもしれないから)
・ストにより試合が中止になる地方球場の関係者
という人がいました。
また、各界の有力者も発言をされているようで、

日本経団連・連合、各会長がプロ野球スト問題で発言(NIKKEI NET)
>  奥田会長は「若干ファンが無視されている感じがする」とした上で、
> 「プロ野球全体が巨人中心に回っていて、巨人がいないと成り立たな
> いシステムが問題だ」と述べ、プロ野球界の構造を批判した。

>  笹森会長は「選手会の要望は常識的なもの。実権を持つオーナー
> 会議が話し合いの場を持ってほしい」と述べ、「(ストになれば)全面
> 支援したい」との姿勢を強調した。

という発言もありました。


スト反対の意見には、ストにより実害を被ってしまう方々の意見が多いようだ。
地方球場の関係者などは、立場でモノを言っているにすぎない。
また、中止になってしまう試合のチケットを買ったファンについては、その気持ちは分かる。
せっかく楽しみにしているのに中止では残念だ。
それと、オリックスのファンもホームで最後になるかもしれない試合くらい観たいだろう。
だが、ここは球界の将来、そしてプロ野球ファンのために体を張ろうとしている選手会の意見を尊重してあげて欲しい。
自分のコトだけでなく、球界全体のコトを考えて欲しい。

日経連の奥田会長ですが、ファンを無視しているのはどっちなのか、これまでの経緯をご存知無いのではないか?
連合の笹森会長ですが、あまり連合の人にストを支持されてはストの焦点がボヤけてしまうので、出来れば連合に頼るのは止めたほうがいいと思う。
なぜなら、このストは単なる労使交渉ではないからだ。
たしかにそういう理由もあるけれど、本質はそうではない。
テレ朝・報道ステの加藤解説員も、このストを労使交渉の視点でのみ語ろうとしていたけど、ただの理解不足なのか、朝日だけに情報操作かと思ってしまった。

賛成・反対、メディアが両論併記するのはいいけれど、それだったら選手会がどういう経緯・理由でストを発動しなければならなかったのか、その心情を汲み取った解説もなさなければフェアではないような気がする。

昨日私が批判したABCの局アナ兼役員の道上アナは、
「この際、ドラフトとかいろんな問題もひっくるめて話し合ったらいい。
 それで、もし半年・1年間、試合が出来なかったとしても、いいじゃないか。」
と7日の朝に言いました。
ただの熱烈な阪神ファンのオッサンかと思っていたけど、真のプロ野球ファンでなければ言えない発言だろう。
この点に関しては評価する、エラい!
他のプロ野球ファンも、この姿勢を見習うべきである。
[PR]

by k_milliard | 2004-09-08 02:47 | 寸評


<< 成仏できない気持ち      アヌシュにあいのり? >>