んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 31日

日の丸に託す思い

私はラジオが無いと生きていけない人間です。
当然、毎日の通勤時間もラジオを聴いています。

30日の朝、いつものようにABC「おはようパーソナリティ道上洋三です」を聴いてました。
すると、ゲストとしてオリンピック水泳のメダリスト山本選手と奥村選手が登場したのです。
山本選手はバタフライと400mメドレーリレー、奥村選手は400mメドレーリレーでそれぞれメダリストになっています。
山本選手は近畿大学卒業、奥村選手は近畿大学に在学中ということもあって、大阪ローカルのラジオ番組にゲストで来られたんだと思います。

電車内で聴いており所々雑音で聴こえなかったりしているので、以下の発言内容は一言一句正確に聴き取れていた訳ではないので、始めにお断りしておきます。

で、トークは進み、話題が400mメドレーリレーで奥村選手がアンカー自由形で3位になったときの話になってました。
奥村選手は、
「最後、タッチしたら死んでもいいと思って(全力で)泳ぎました」
と言ったんです。
奥村選手がアンカーで泳いだ時の記録は自己新だそうで、それほど必死になって泳いだということでしょう。
すると、それを聴いたメインパーソナリティの道上氏は、
「そんなこと言わんでも・・・」
と、奥村選手が命がけで泳いだコトに対して、やや冷めたコメントを言いました。

その後、話題はリレーメンバーの中で最年長の山本選手がメンバーに対してどんなコトを言ってチームをまとめたのか、という話になりました。
その中で山本選手は、
「日本の代表として泳ぐという責任があります。
 (おおよそこのようなコトを言いました)
 家族とか、応援してくれている人のため・・・
 (途中、聴き取れなかった)
 そういうことが日の丸につながるんですよ。」
と言いました。
それに対して道上氏は、
「ええ?日の丸?普段あなたそんなこと言わないでしょ?」
と、これまた冷めたコメント。

道上氏は、熱烈な阪神タイガースファンとして関西では有名なABC放送のアナウンサーです。
しかも、ただのアナウンサーではなく、数年前から役員に昇格しています。
その道上氏が、反戦平和主義的な発言が多いコトも前から知っていました。
朝日系列の放送局の朝の看板番組でメインパーソナリティを務め、しかも役員と来た日にゃ、その発言が「朝日らしく」左がかっているのは当然の話でしょう。
それぐらいのコトは分かっていたつもりでした。

でも、山本・奥村両選手のオリンピックに賭けた熱い思いや日本代表を意識して戦った尊い思いに対して、冷た過ぎるんだよな。
なんでや?
命がけでメダルを死守した思いはイカんのか?
日の丸を背負うコトは悪いコトなんか?
日本を代表して世界の舞台で戦った若者に敬意の一つくらい払えよ。
たしかに、日常生活の中で日の丸を感じるコトはまず無いし、命がけでやらないといけないコトも無いだろう。
しかし、選ばれた者が相当な重圧を感じる特別な環境の中で命をかけ日本を背負ったその思いは真実だろうし、尊びこそすれ軽んじるような話ではないんとちゃうんかい!

私がこの番組を聴いているのは、ひとえにアシスタントの秋吉英美さんのトークが面白いからです。
決して、尊い若者に対して冷酷なオヤジの戯言を聴きたいワケではありません。(怒)

あらためて思ったけど、ラジオも強力なメディアの一つです。
忙しくて手が離せない状況の人、運転手さんとか自営業の人とか、には無くてはならないツールでありメディアです。
テレビよりもラジオの方が自由に言いたいコトが言えるかな、とは思ってたけど、しょせん放送は放送だな、とつくづく思いましたよ。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-31 03:13 | 寸評


<< 嫌な近未来予想      韓国劇場、断念 >>