んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 29日

撮ってた in松山

東京都が扶桑社の教科書を採択したことに対して、やはりというかプロ市民の悪あがきが起きているようですね。
で、2002年の夏に松山で反対運動を目撃したと前の記事で書いてましたが、その時に写真を撮っていたのを思い出しました。

a0010515_1385910.jpg

a0010515_139365.jpg

1枚目は、日本語とハングルで訴えている文章です。
2枚目は、座り込みの全体像です。
右側で傘をさして座っているお年寄りたちは、おそらく動員されてきた人ではないかと思います。
そして、左側でバンダナをして立っている人、彼がこの現場の中心人物の一人ではないかと推察しました。
どちらも遠くからの撮影でうまく写ってないのが申し訳ないです。
彼らの目の前でも撮影しようとはしたんですけど、バンダナ君たちの鋭い視線が怖くて写せませんでした。

これは私の推測ですが、このような抗議デモでは弱者とされている人を前面に立てる、というのが一つのやり方のような気がします。
この場合だとお年寄りでしたが、例えば何かの事件の被害者とされている人たちとか、子供とか。
そういう人が何かを訴えているように見えたら、「可哀想に」という同情を得やすいし、反対意見を言いにくい雰囲気が出来てしまうんじゃないか、と。
何も知らない人が見たら、その訴えが正当なモノのように錯覚する、それがこのやり方の狙いだと思います。

その訴えが本物かどうか、騙されずに見抜く目が必要でしょう。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-29 02:06 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/941525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from log at 2004-08-30 09:34
タイトル : 徹底的な言論弾圧と組織的な嫌がらせはサヨクの常套手段
 何度でも告知。「経済制裁実施を求める緊急国民集会」は2004年9月17日(金)の午後6時半〜8時半まで(開場6時)。場所は九段会館。こちらにも詳細があります。日本を「主権を持つ真の独立国家」に蘇生させたいと考える全ての方々、参加必須。  今日は身内の葬式だっ... more
Commented by yuzuruha_neko at 2004-08-30 21:58
「弱者」「被害者」を前面に立たせる遣り口、すでに卑劣の領域にまで達していますね。
戦死者・戦没者まで己の政治的プロパガンダのためなら利用したり貶めたりしてもいいというえげつない遣り口、私は怒りを覚えます。
サヨク系市民の特徴として、自分は「力ない弱者」で「権力の被害者」だから、責められるべきはすべて政府であるという時代錯誤の階級闘争意識と責任転嫁甚だしい発言があります。
彼らには「政府」と「民間人」との間に階級差が厳然と存在しているように見えているのか、それとも自分が日本国の主権を持つ日本国民だということを忘れているのか。
権利と自由ばかり主張して、義務と責任をお忘れになった方々ですが、日本国民としての責務を負う気がない人間に限って日本社会の利潤や恩恵を受ける事にためらいがないのも不思議な傾向です。
「アジアの人=日本に昔ひどい事をされたからかわいそう」というのも立派な差別的発想ですが、そこに付け込まれている事に多くの日本人は気付いて毅然とした態度で接するべきですよね…。
Commented by k_milliard at 2004-08-31 01:22
yuzuruha_neko さん、こんにちは~

この抗議行動は8月の真夏日に行われており、座り込みの昼間だけのハンストでした。
傘さして座ってても暑いものは暑い。
お年寄りの体力には相当堪えたに違いありません。

> 責められるべきはすべて政府
子供なんですよね、言ってるコトが。

> 日本国民としての責務を負う気がない人間に限って日本社会の利潤や恩恵を受ける事にためらいがないのも不思議な傾向です。
仰るとおり!
よ~く分かります、友人にいます、そういうの。(笑)
開き直ってんですよね、確信犯なんですよ。

> 付け込まれている事に多くの日本人は気付いて
どうやったら気付くんでしょうねぇ・・・
気付いてても認められないのかなぁ・・・
奴らの汚い手口が明らかになれば、少しは目が覚めるのかなぁ。


<< 侵害に、そろそろ怒れ      変化の兆し >>