2004年 08月 16日

絶え間ぬ努力

【アテネ情報】ずさん警備告発、英大衆紙記者が偽爆弾設置に“成功”

安定と混乱は紙一重、そう思える記事でした。

これをやった英紙サンデー・ミラーは、純粋な告発行為だけが動機とは思えませんが、警備の問題を知らしめることは成功したと思います。
別の記事で開会式の警備の様子が伝えられていて、あまり厳重警備とは言えないなぁ、と思っていました。
案の定、という感じです。

まだ大会が終わっていないのでなんとも言えませんが、テロリストが本気で何かをしてやろうと思っていたのならこの程度のことは考えていたかもしれず、まだ現実の事件が起きていないということは、テロリストはたいしてオリンピックに関心が無かったと言えるのかもしれません。
或いは、きっと厳重な警備に違いない、と想定してリスクを犯さなかっただけかもしれない。

何も無ければ結果的にそれは成功・平和だったコトになると思いますが、安定を維持するためには表に出ることのない絶え間ぬ努力が必要だな、と思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-16 05:05 | ニュース


<< チャンス!      金銭提供はよくないけど、 >>