2004年 08月 03日

メディアの反日サポーター

アジアカップで問題になっている反日行為について、一部テレビ番組の解説に酷いモノがあるようですね。
直接それらの番組を観たわけではなく、他の方のブログなどで複数の意見を見ていて、日本代表選手及びサポーターに対する一部メディアのあまりにも冷たい態度に怒りを感じています。

元々、反日感情の強い地域での開催の上、更に最近の日本と中国との諸問題を根拠として、スポーツという筋違いの場で度を越した反日行為が横行している、と。
これについて一部番組では、簡単に言うと「日本に原因があるのだから、仕方がないこと」として容認してしまっている、らしい。

でもそれって、テロを容認する論理と同じだよね?
攻撃を受けるだけの理由があるから、本体だけでなく一般人も巻き込んだテロ行為は仕方が無い。
いや、心情的に分かる場合はあるんですよ。
同情できるっていうか。
でも、だからと言ってそれを容認、しかも公共のメディアで公然と認めてしまったらアカンやろ。

日本人がスポーツをやってるんですよ、ス ポ ー ツ を。

極端な例えをしたら、犯罪者の子供には親が犯罪者だからという理由だけで暴言・暴力をしても構わない、というコトになるんじゃないですか?
おかしいでしょ?

今回のスタジアムにおける度を越した反日行為を容認できる余地なんか全く無いね。
一部のキャスター、コメンテーターはどういうつもりでそういう発言してるのか知らないけど・・・

テレビに出過ぎて頭が腐ってしもたんとちゃうか!
[PR]

by k_milliard | 2004-08-03 12:16 | 寸評


<< 価値ある勝利      恋させられる女性たち >>