2004年 07月 09日

不幸の手紙かと思った

あるルートから名簿が横流しされたようで、市民団体系の市会議員の紹介という形で辻元氏から家にハガキが届きました。
もちろん、内容は一票を入れてくれ、というモノ。
ハガキは、選挙ポスターと同じく手書き文字風のフォントを使用。
手作り感を前面に押し出しているあたりが、いかにもという感じ。

誰が入れたるか!
立候補しただけで気分悪いっちゅうねん。
執行猶予期間中の人間はおとなしくしてなさい。
[PR]

by k_milliard | 2004-07-09 02:17 | 寸評


<< 野球を盛り上げるぞっ! その1      さらば、日本のプロ野球 >>