んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 07日

さらば、日本のプロ野球

近鉄とオリックスの合併が決まりですか。
オーナー会議ではどのような話し合いが行われたのでしょう。
いずれにしても、近鉄ファンには同情します。
オリックスも阪急時代からの古いファンもいるだろうし、複雑な気持ちでしょう。

大きな流れとして、日本のプロ野球界の再編が当の昔に決まっていたのでしょう。
この前、日テレ「スポーツうるぐす」で江川さんが、合併してチームが減った場合に韓国のプロ野球界と手を組む方法もある、と言ってましたが、あれは渡辺オーナーが江川さんの口を借りて飛ばした観測気球だったのかもしれません。
買収の目なんて、最初っからなかったんだ。
でなきゃ、合併に固執する理由が分からないもの。

私は一応阪神を応援してましたが、主にテレビとラジオ観戦です。
球場で観戦したのって、この10年くらいはないですね。
しかも最後に行ったのは神宮だし。
まぁ、それくらい熱心な野球ファンではない、ということですが。

このままでは、日本のプロ野球がダメになっていくような気がする。
今回の合併騒動を見てて、なんというか、球界がファンに冷たいのがよく分かりました。
それは近鉄とかオリックスとか特定の球団というよりも、球界全体としてファンに冷たいな、と。
合併が悪いとか買収の方がいいとか、そういうことではないです。
どういう結果になろうとも、ファンへの接し方がなってないですよ。
各オーナーのインタビューなどを見てたら、そういう雰囲気がよく伝わってきましたね。
それが一番の問題だろうなぁ。

これ、企業の不祥事が発覚したときの一連の問題と根本的な原因が似ているような気がするな。
雪印にしても三菱自動車にしても、問題が発覚したとき、初動の対応として客をなめてたでしょ。
今回の合併問題も、オーナー達がファンをなめている。
雪印のときなんか、私は雪印の牛乳が好きだったので、騒動の渦中でも店頭から雪印が無くなるまで買って飲んでましたよ。
そのブランドが本当に好きだったら、どんな事態になろうと、買うんじゃないでしょうか。
プロ野球だって、本当にそのチームが好きなファンだったら、どんな形になっても応援し続けるんじゃないかな。
そんなファンの期待を裏切るような今の野球界。
別に合併したっていいんですけど、それだけの一大事なのに、肝心のファンに対して冷たすぎるぞ。

本当に、熱心なプロ野球ファンが可哀そうだ。
私、不熱心なプロ野球ファンでしたが、もうハッキリとプロ野球のファン止めます。
悪いですけど。
って、私ひとりファンを止めたって誰も困らないけどね。
今後、特定の選手を応援したり高校野球を観戦することはあったとしても、特定のチームを応援したりプロ野球を観て楽しむことはないです。
もっと、ファンを大事にしてくれそうなプロスポーツでも探して、たとえマイナーでも応援できる、そんな楽しみ方を見つけたいですね。
同じプロ野球でもアメリカの方がファンを大事にしてくれそうだな。
よし、とりあえず野茂さんでも応援してみるか。
[PR]

by k_milliard | 2004-07-07 19:45 | 寸評


<< 不幸の手紙かと思った      違和感 >>