んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 04日

早すぎる評価

近鉄とオリックスの合併問題で、ライブドアが買収の名乗りをあげました。
このライブドアの動きに対して、それはただの売名行為では?との批判の声が聞こえている。

ライブドアの話の前に、近鉄はどうも打つ手が後手後手で、今回のことにしても、身売り話よりも合併ありきで話が進んでいるように思える。
ファンと選手のことを考えれば、身売り話を優先して進めるのが筋だと思うのだが、近鉄とオリックスはそうではないらしい。
おまけに巨人も。
ライブドア側としては、水面下で買収の打診をしていたらしいが、どうも近鉄は相手にしなかったようだ。
それはライブドアが企業としての歴史が浅く、又、社長が若いということと関係しているのかもしれない。
しかし、それが買収の条件とどれほどの関係があるのか理解できない。
たしかに、買収にはライブドアの企業としての評価も必要だろうし、野球に対する誠意のようなものも見極める必要があるだろう。
だが、これはそれ以前の問題として、既成のプロ野球界のおごりというか、古い体質が障壁になっているように思う。
正直な話、私は近鉄ファンではないので、どっちでもいいのだけど、近鉄のファン、選手、又、プロ野球界にとって合併することは好ましくないと思う。
特に、ファンを無視した形で合併話だけが進むのはよくない。

それから、この騒動に関して、ライブドア側の売名行為では?との批判は早計にすぎると思う。
売名と断ずるのは、身売りの可能性があるにも関わらずライブドアが手を引いた後にすべきで、今の段階で言うには失礼だろう。
もし、ライブドアが近鉄を買収し、大阪に新しいチームが発足したとしたら、売名と批判した人はそれが中傷にすぎなかったとして謝罪しなければいけない。

いずれにしても、この時期に売名行為と言うのは、妥当ではないと思う。
[PR]

by k_milliard | 2004-07-04 16:04 | 寸評


<< 違和感      父のコト >>