んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 26日

土曜の夜の定番でした

俳優の丹波哲郎氏が死去 「霊界研究」でも活躍(産経新聞)

子供の頃、土曜日の夜のテレビ番組と言えば「8時だヨ!全員集合」を見てから「Gメン’75」そして「ウィークエンダー」を観るのが楽しみでした。(笑)
Gメンは、子供にとってストーリーを解釈するのが難しい事が多かったのですが、独特の殺伐とした雰囲気と緊迫感、そしてエンディングの物悲しさが好きで、エンディング曲の「面影」は音痴な私が歌える数少ないレパートリーの一つで、十八番と言ってもいいくらいです。w
それぐらい私にとっては印象的な番組の中で、GメンをGメンたらしめていたのは丹波さんでした。
好き嫌いというよりも、丹波さんの抑揚の無い一本調子な台詞の言い方がGメンの世界観の構成要素の一部だったと思います。
最近もGメンのスペシャルが作成されることがありましたが、たった1シーンだけでも丹波さんが顔を見せているだけで、それがGメンなんだと認識できました。
やはり、丹波さん無くしてあのGメンは作れないと思います。

はたして霊界が本当にあるのか私には分かりませんけど、もしあるのだとしたら霊界でも活躍していて欲しいと思います。合掌。
[PR]

by k_milliard | 2006-09-26 10:55 | ニュース | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/4365074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 流行通信★ハヤリものはコ.. at 2006-09-26 11:53
タイトル : 丹波哲郎さん、死去
 映画「砂の器」やテレビドラマ「キイハンター」などで知られる俳優の丹波哲郎さんが、24日午後11時27分、肺炎のため亡くなった。 84歳だった。 中央大学卒業後、新東宝に入社し、1952年にギャング映画「殺人容疑者」でデビュー。長身と彫りの深い顔で悪役として注目され、61年の今村昌平監督「豚と軍艦」のやくざ役で存在感を示した。... more
Tracked from できない、困って→問題解決 at 2006-09-26 12:03
タイトル : 丹波哲郎さん、ついに霊界へ
俳優の丹波哲郎さんが逝去された。私の世代にとってはかなり印象の強い方だった。00... more
Commented by 帰化人 at 2006-09-27 00:49 x
私と同じですね。でも子供が「ウィークエンダー」なんて・・・エッチ♪

私のバヤイ、「キイハンター」→「バーディ大作戦」→「G' men 75」ゆう流れで、ずーーーット見てました。

あの、豪快さと、とぼけた味が同居した人柄が大好きでした。劇場で初めてみた映画「日本沈没」では、この人が本当の日本の総理大臣だとしばらくは信じて疑いませんでした。 「007は2度死ぬ」で、ショーン・コネリーと堂々と渡り合う姿はカッコ良かったです。「マルコポーロ」では、主役クラスの(若き日の)石田純一やマクシミリアン・シェルを食ってしまう程の、"サムライ"を演じていました。
これだけのスケールの大きい役者さんは、もう日本にいないのではないでしょうか・・・  

死後の世界について、盲を開かせてくれたのも、この方でした。おかげで人生観が大きく転換し、稀代のペシミストが前向きに人生を考えるようになりました。

今頃は、最愛の(先立たれた)奥様や、多くのお仲間方と霊界で大騒ぎ(笑)してるころでしょう・・・  永遠に安らかに。
                              合掌
Commented by k_milliard at 2006-09-27 09:11
帰化人 さん、こんにちは~
私よりも年季が入ってますねぇ。
007では撮影の合間にショーン・コネリーと賭けをしたりしてハリウッド俳優と対等な付き合いをしていたらしいですね。
大物俳優という割には気さくな雰囲気の方でした。
本当に残念ですねぇ。
Gメンの新作も楽しみにしていたのに・・・どうなるのかなぁ。


<< 短期で終わるという予測(期待?...      負け犬ほどよく吼える >>