んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 12日

配慮し過ぎるとおかしなコトになってくる

読売新聞を閲覧制限 大阪・豊中の図書館(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  山口県周南市の徳山工業高専5年、中谷歩さん(20)殺害事件にからみ、大阪府豊
 中市の市立図書館が、殺人容疑で指名手配され7日に遺体で見つかった同級生の男子学
 生(19)の実名を掲載した読売新聞8日付朝刊と夕刊を一時、利用者に閲覧させない
 ようにしていたことが11日、分かった。館長らが9日午後に緊急会議を開き、10日
 以降はこの措置を解除したという。図書館で新聞の閲覧が制限されたケースはこれまで
 にないとみられ、関係者からは「検閲になりかねない」と批判の声が上がっている。
 
    (以下、省略)
--- 記事引用終了 ---

私の地元じゃないか・・・(汗)
記事を読む限り、読売新聞を閲覧できないようにしたのは豊中市立図書館の独自の判断のようですね。
だけど、豊中市民として昨年の教科書採択の現場を見たことと合わせて考えてみると、これは図書館だけではなく豊中市の「行き過ぎた事なかれ主義」体質が根底にあるのが原因のように感じました。
リスク回避と言えば聞こえはいいけど、どうも豊中市は行政対応としてトラブルを避けようという気持ちが強すぎるんじゃないですかねぇ。
独自の判断で特定の出版物だけを閲覧不可にしたり勝手に墨塗りのような形で記事の一部を読めないように手を加えたりして。
とても、市民に開かれた市立図書館がやる行為じゃないでしょう。
見過ごせることではないと思ったので、豊中市にEメールで質問しました。
すぐに回答は来ないと思いますが、回答が来たら新たにエントリしますね。

トラブルを避けようとしたり人権に配慮するあまり、気付いたら全体主義国家がやるようなことをやってたなんて・・・
なんだか中国に住んでるみたい。(苦笑)
マスコミも日本の右傾化を心配するよりも、他になんとかしなきゃいけないことがあるんじゃないかなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2006-09-12 11:24 | ニュース | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/4268158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from んなアホな! at 2006-10-10 00:55
タイトル : 《続報》少年の実名報道を巡る図書館の対応
9月12日のエントリ「配慮し過ぎるとおかしなコトになってくる」の続報です。 豊中市からメールで回答がありました。 回答文は図書館の館長名で書かれていました。 以下、メールのうち回答の内容部分を修正することなく掲載します。(笑) --------------------ここから始まり  いただきましたご質問にお答えいたします。 1)「産経新聞の報道内容は正しいのか」について  事実関係については産経新聞掲載のとおりですが、 よりご理解いただくために、今回の経過の詳...... more
Commented by bao at 2006-09-12 15:01 x
こういう体質(ことなかれ主義)を同和や、特亜につけこまれるんですよね。公立図書館の役割をわかっとらんのか・・・。
Commented by tatsu at 2006-09-12 21:07 x
図書館といえば、単に本や新聞を無料で読ませるだけじゃないはず。
資料の収集や保存も立派な図書館の仕事。と言うか、そちらのほうが重要な役目でしょう。

勝手に手を加えたり閲覧できないようにするとは、本末転倒。

http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50004192.html
まして、こんな司書はもってのほか。
Commented by abusan at 2006-09-13 07:45 x
ホンマ、これはどう考えても行き過ぎやわと┐(´ー`)┌
青少年の保護という理由はあれど利用者も知る権利が有る。
それを妨げるとはどないな神経しとるんやと┐(´ー`)┌

こんな馬鹿司書はクビにせい!と言いたいわ。無理やけど。
Commented by SUSI at 2006-09-13 09:12 x
メル凸乙

少年法に照らし合わせれば理解できないわけではありませんが、
でも、それはそれ、これはこれ、ですよね。
書くか書かざるか、載せるか載せざるかが問われるわけで、
すでに新聞に掲載されて公になったものを、
「見せない」という行為に出ることは、やはり許されないでしょう。

でも、まだこんなのはいいほうなんですよ。
うちの地元の図書館じゃ、今の時代に焚書坑儒をかました
土橋悦子なんていう司書(元)兼作家がいますから。
Commented by k_milliard at 2006-09-13 10:19
bao さん、こんにちは~
豊中市は、あの感じだと結構付け込まれているんじゃないかと推測します。
自分が住んでいる街だし、なんとかしたいとは思うんですがねぇ・・・
Commented by k_milliard at 2006-09-13 10:44
tatsu さん、こんにちは~
時々私も市立図書館は利用するんですけど、駅の近くで便利だしもっと蔵書を増やして欲しいと思ってたんですよねぇ。
だけど、こんなことをされてしまうと気持ちよく本を借りられないですよ。

> まして、こんな司書はもってのほか。
はいはい、よーく覚えてますよ。w
あれはトンデもない事件でしたね。今回のような単純なモノではなく、カネも絡んいたようだし。
Commented by k_milliard at 2006-09-13 10:44
abusan さん、こんにちは~
ええ、本当なら関係者を処分してもたいらいくらいですよ。
一応、今月は定例市議会があるので議会に探りを入れてみたんですが(私は隠密か!?w)、今のところこれを問題視して議会で取り上げる動きは無いそうです。
Commented by k_milliard at 2006-09-13 10:50
SUSI さん、こんにちは~
そうですよ、少年法うんぬんは発行元がどうするかという問題であって、市立の図書館がそれをやっちゃイカんでしょう。
例えば、1次資料を検索したくて図書館を利用したとして、それに手が加えられていたら資料として活用できませんもん。
それが問題のある記述だとしても、その原文のまま引用しないと意味がないことだってあるだろうし。

> 今の時代に焚書坑儒をかました土橋悦子なんていう司書(元)兼作家がいますから。
あぁ・・・そこにいましたか。(笑)
ご愁傷さまです・・・
Commented by 五月雨祭 at 2006-09-20 17:12 x
お久しぶりです。
・・司書・学芸員はアカくないとやってられません。
ミニ日教組が意外と多いのです。
・・土地によっては○○枠と言える物が有ります。
夏休みの催し物には電波が目白押しだったりしたあの頃から変わらない既得権が其処にあります。
隠れた電波測候所(笑)です。
日教組の基地外振りはお蔭様で知れ渡りました。
図書館の中の異常さを次に広めないといけません。
Commented by k_milliard at 2006-09-21 09:47
五月雨祭 さん、こんにちは~
なるほど~
図書館の人って焚書坑儒事件のような一線を超えた人は特別かと思ってましたが、そうでもないんですね。
放っておいたら、また同じようなことが起こりそうです。


<< 大将のたらい回し      ネットの可能性に期待 >>