んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 06月 10日

闘う相手が違う

イラクで身柄拘束の渡辺さん、国を提訴 損害賠償求める

この人のコトをバカというのは妥当ではない。
彼は、明確にある意図を持って、このようなことをしている。

>> 裁判で自衛隊派遣の違憲性を訴えたい

だそうだから、そういうことだ。
つまり、NGOだから、とか、人助けの人だから、ということとは関係なく、個人の政治思想に基づいて行動し、国を相手に闘っている。
そう、彼は闘っているのだ。
自身の人質事件を利用して、国と闘いたいのだ。

一応言っておくけど、イラク派兵は国民の総意として行われているのであり、それに真っ向から反旗を翻すということは、国だけでなく大半の国民に対しても敵意を表明したのと同じである。
私もイラク派兵には反対だが、このようなやり方は嫌いだ。
やり方というか、これは攻撃である。
どうして日本政府を攻撃するのだろうか?
本当の敵は日本ではない。
筆頭はアメリカだろうが。
それくらいのこと分かっていて、なぜこんな攻撃をする。
本当に日本のことを思うのであれば、日本ではなくアメリカ相手に闘ってみたらどうなんだ?
・・・そんな根性まではないか。
しかし、狙いやすいからとりあえず日本に照準を合わせているんだとしたら、それは違うだろう。

こんなやり方、国民は支持しませんよ。
どうか「お仲間」だけで盛り上がってて下さい。
[PR]

by k_milliard | 2004-06-10 13:06 | 寸評


<< 理由あり      大阪人のノリ >>