2006年 08月 03日

やっぱ、最後は人間性だよなぁ

王監督、今期中に“ホーム限定復帰プラン”!胴上げまでには!(サンスポ)

退院し会見されている王監督の姿からは、監督の人徳と共にスポーツに携わる人間としての品格が溢れ出していました。
会見で一番印象的だった言葉、「私には野球しかない。」。
この人は本当に野球が好きなんだなぁ、野球を愛しているんだなぁ、とつくづく思いました。
王監督の存在そのものが、スポーツとしての野球の良さを体現していますね。
だから、昨日の夜は野球に対してとても良い印象が残りました。

その一方、ボクシングですが。(苦笑)

【BOX】興毅、涙の世界王座奪取!…WBA・Lフライ級(サンスポ)

例によってTV中継は見ませんでした。
亀田選手が判定で勝ったのを知ってからニュース番組の映像で観ました。
判定が下った後、たしかマイクで「どんなもんじゃ~い!!!」って叫んでませんでしたか?
いや~、試合前に散々相手選手のことを挑発してバカにしてた人間が判定でやっと勝てたくせに、そんなこと言いますか。w
思わず目が点になり、なんか嫌なモノを見せられたような気になりました。
だから、昨日の夜はボクシングに対してとても悪い印象が残りました。(笑)

後半フラフラになりながらも「微妙な判定」で勝てたというのは、彼自身にとって、はたして良かったのかどうか。
世界チャンピオンになる目標を早くも達成したその気概と努力は認めるとしても、とても青少年に良い影響を与えているとは言い難い言動と振る舞いとパフォーマンス。
外野の声なんか無視して、ただ世界チャンピオンにさえ成れればいいと言うのであれば、今年世間を騒がせたライブドアや村上ファンドの事件に通じるものがあるように思いました。

野球もそうだけど、スポーツの世界って裏では人に言えないような汚い事が横行しているとは思うけれど、ボクシング界はこんなんでいいんですかね?
亀田一家を利用するのもいいけど、ちょっとなぁ、露骨過ぎないかぁ・・・
一部の亀田一家の熱狂的なファン以外、その他大勢の冷静な視線もあることを業界は忘れてはいけないと思います。

さて、WBA世界ライトフライ級のチャンピオンになった亀田興毅選手ですが、あまり喜びをひけらかさず、まだ暫定チャンピオンだくらいに控えめにしておいたほうが今後のためにもなると思いますがねぇ。
ま、今更無理だろうけど。(笑)
もう、行けるところまでトコトン行っちゃえ!
[PR]

by k_milliard | 2006-08-03 13:14 | ニュース


<< 北朝鮮はパンドラの箱      効果あり 合わせて有効 >>