んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 16日

沈没しそうな国なら他にアルヨ

「日本沈没」中国、韓国からオファー(スポニチ)
--- 記事引用開始 ---
  33年ぶりにリメークされた映画「日本沈没」(監督樋口真嗣)が15日、全国316
 スクリーンで封切られ、盛況のスタートを切った。北朝鮮によるミサイル発射の衝撃が尾
 を引く中での公開となったが、根強いファンが後押しした。タイトルも影響してか、製作
 サイドには、日本と微妙な関係を続ける中国などアジアを中心に約20カ国からオファー
 が届いており、沈没どころか世界に浮上しそうな展開を見せている。
 
   (途中、省略)
 
  海外からのオファーも続々。5月の南仏カンヌ国際映画祭のマーケットに持って行った
 こともあり、現時点で、その数は20カ国以上。TBSが中心となる製作委員会は具体的
 な国名を明かしていないが「アジアからが多い」と関係者は証言。小泉純一郎首相の靖国
 参拝問題などに批判的な中国や韓国からは来ているようで「“日本沈没”というタイトル
 に反応したのでは」と苦笑いする関係者もいた。ちなみに北朝鮮からは来ていないという。
--- 記事引用終了 ---

中国と韓国からのオファーって、絶対にタイトルに反応してるでしょ。
なにせ、「日本」が「沈没」だもんね。(笑)
両国とも、観るポイントが同じだと思う。

リメークとなる「日本沈没」。
前作は子供の頃にテレビで観たことがありますが、まさに日本人が難民化して「亡国の民」になるラストの映像がショッキングでした。
ところで私が中学生の頃、雑誌「ムー」の影響もあり「ノストラダムスの予言」の通りに「世紀末に人類が滅亡する」というコトを信じて不安がっている友達が結構いました。
私は、ノストラダムスは全然信じてなかったんですけど、映画の「日本沈没」とか「復活の日」を観て不安な気分になったのを覚えています。
特に「日本沈没」は、物質的に日本が沈没してしまうことよりも、例えば東西ドイツ分断のように他国との関わりの中で日本が分断統治されるとか、国内情勢が不安定になり国として成り立たなくなるとか、そういうことを想像し、リアルな不安を感じました。
なんて言うのかな、それまで考えたことも無いような、当たり前の日常が日常で無くなってしまうことへの不安、かな?
毎日を平和に暮らしているけど、実はそれは当たり前のことではなく、何かの弾みでそれが崩れてしまえば、本当に映画のようなことが起きてしまうんじゃないのか。
そんなことを考えてました。
今回のリメークも、そういうことを考える映像になっていればいいのですが。
[PR]

by k_milliard | 2006-07-16 18:27 | ニュース | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/3957778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bao at 2006-07-16 21:53 x
「日本沈没・希望」ってとこですか・・・。
全然興味ないですけど、韓国人には本当に沈没すると思ってる人が450万人くらいいそうで、逆に気持ち悪い。
Commented by RR at 2006-07-16 22:10 x
名前だけでこれだけ関心を持たせることができるのはスゴイですな、いろんな意味で(笑)ネタをネタとして楽しむことが出来るのが日本人や欧米人、変な自尊心やコンプレックスを満たすために観に行って、ニダニダ笑ってるのが韓国人。
Commented by POTi at 2006-07-16 22:49 x
わたしは反対に、この国はどんな苦難にあっても大丈夫だと思える体験をしましたから、あまり不安には感じないですね。というのは1.17阪神淡路大震災の事ですけど。当時、わたしが勤めていた会社の本社が梅田にあり、当然本社社員の半数以上が阪神地区の住人です。一体この先どうなるのかと思ったものですけど、取り敢えず残った社員で対策チームを立ち上げ苦難を乗り越えました。もっともわたしが感動したのは、社員安否の確認のために神戸に赴いたときです。当然交通網は不通。乗用車も乗り入れが厳しいと言うことで、社で原付バイクを調達して複数のチームで神戸を目指しました。兎に角、目に飛び込んで来るのは惨憺たる風景。しかし、安否を尋ねる先々で自分も被災者であるにも関わらず一緒に心配してくれた人々。残骸が飛び散り、家財を無くされ、心も荒むと思われますが、決して秩序が乱れる事とてなく、どこに行っても笑顔で応対してくれました。この時ほど、この国の人々はどんな苦難に遭おうとも大丈夫だと思ったことはないですね。
Commented by k_milliard at 2006-07-16 23:48
bao さん、こんにちは~
> 本当に沈没すると思ってる人が450万人くらいいそうで
あぁ、私もどこかでそれ見たことあります。
彼らって、都合の良いことだけを信じる才能だけは天才的ですよね。w
Commented by k_milliard at 2006-07-16 23:51
RR さん、こんにちは~
> ネタをネタとして楽しむことが出来るのが日本人や欧米人
そこんとこに、心のゆとりとか文化の成熟度を感じます。
フィクションを楽しめる余裕ってのは、いつまでも持っていたいものです。
Commented by k_milliard at 2006-07-17 00:03
POTi さん、こんにちは~
貴重な体験談、ありがとうございます。
私も同じような苦難に遭遇したとしたら、落ち着いて周りの人と助け合いながら生き抜いていけるのか、実際に経験してみないことには自信を持てないかもしれません。
でも、阪神淡路大震災以降を振り返っただけでも普賢岳や新潟の災害を始め、昨年のJR脱線事故といい、パニックになってもおかしくない苦難に日本人は何度も遭いながら見事に乗り越えていることを考えると、自分にもやれそうな気がしてきます。
うん、やっぱり21世紀の日本は大丈夫でしょう!
Commented by rabbitfootmh at 2006-07-17 00:19
同世代人ですネ(^_^)
2こ下の従弟は、高校で素行の悪さを注意された時、先生に向かって「どうせ1999年で世界が滅びるんやし、勉強してもしゃーないやン」と言ったらしいです(苦笑)
私は、あまり忍耐強くないんで、沈んでもらうと困ります・・・。
Commented by bao at 2006-07-17 00:28 x
日本の惨事はお祭り騒ぎで国をあげて喜びますからねえ。韓国は。
Commented by k_milliard at 2006-07-17 00:30
rabbitfootmh さん、こんにちは~
> どうせ1999年で世界が滅びるんやし
当時よく聞きましたよ、そういう台詞!w
懐かしいなぁ。
私なんか、仕事が忙しくて気付いたら1999年の8月になってました。
もっと7月を楽しむ予定だったのに・・・(笑)


<< 人間やめたら何が残る?      嵐を呼ぶ男 >>