2006年 06月 30日

日本人がキレる前になんとかしろ

めぐみさん「94年に自殺」遺骨鑑定は「侮辱」 金英男氏会見(産経新聞)
金英男さんの証言、信憑性に疑問 政府、誠意ある回答求める(産経新聞)

会見での金英男さんの発言は全てリハーサル通り、北朝鮮の操り人形でしかありません。
金英男さんは、ただのメッセンジャーです。
北朝鮮の監視下である限り、誰であろうと本心を明かすことは出来ないでしょう。

金英男さんの話を鵜呑みにする日本人はいない。
いるとすれば、北朝鮮の関係者・息のかかったサヨク系知識人、くらいなもんでしょう。

北朝鮮は、この程度のメッセージで日本がどうにかなると本気で思っているのでしょうか?
これでは、大方の日本人が反発するのは必至。
日本政府は、速やかに経済制裁に踏み切ってもらいたい。
そして、北朝鮮の工作活動に負けず、自民党の次期総裁・日本の首相には、拉致事件を解決するのに相応しい人がなることを切に願います。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-30 10:18 | 拉致事件関連


<< 特アによる三国軍事同盟?      演出効果の狙い >>