んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 26日

ずっと節約生活

水筒…「1人に1本」の時代へ 大人の愛好家増加(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ペットボトル入りの飲料が自動販売機やコンビニエンスストアで簡単に手に入る時代に
 あって、水筒の価値が見直されつつある。水筒といえば、行楽時の必需品や子供の持ち物
 といった印象が強かったが、最近は「マイボトル」として仕事場へ持参する大人も少なく
 ない。「一家に1本」から「1人に1本」の時代へ、水筒の存在感は様変わりしている。
 (頼永博朗)
 
 (以下、省略)
 
--- 記事引用終了 ---

実は私も水筒の愛用者です。
毎朝、湯を沸かしインスタントコーヒーを作り水筒に仕込むのが私の日課です。w
元々、缶コーヒーが好きで毎日2~3本は飲んでたんですけど、節約の為に止む無く水筒に変えました。
とうに煙草は止めたので、コーヒーくらい飲んでないと仕事の息抜きが出来ないです。

ところで、節約ついでに経済的な話をすると、今年の市民税と健康保険の請求額を見てビックリ。
控除率が変更になったこともあり、前年と比べて格段に請求額がハネあがりました。
我が家の家計、直撃です。(撃沈;)
妻が市役所に支払いに行ったところ、保険課には相談する人で長蛇の列が出来ていたそうです。
高齢の方にとっては相当キツいだろうと察しますが、相談していた人に年齢的な偏りは無かったらしく、若い人もいたそうです。

たぶん、こういう不平不満は、与党への批判となって支持率にも影響が出てくるのではないでしょうか?
でも・・・かと言って、「あ・の」民主党に政権を渡せば良いのか?などということは、想像もしたくないですねぇ。(苦笑&冷や汗)
[PR]

by k_milliard | 2006-06-26 11:27 | ニュース


<< 演出効果の狙い      武闘派の盧武鉉大統領 >>