んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 22日

優越感と劣等感は表裏一体

「ブラジル戦では日本応援を」 韓国有力紙異例の論評(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【ソウル=黒田勝弘】韓国の最有力紙・朝鮮日報が21日、サッカーW杯ドイツ大会の日本
 -ブラジル戦を前に、日本を応援すべきではないかという異例(?)の論評を掲げ話題になっ
 ている。理由は、これまでW杯で日本が登場する試合において、韓国国民が相手国だけを
 一方的に応援しているのはあまりに「偏狭でケチくさい」というのだ。
 
   (以下、省略)
 
--- 記事引用終了 ---

こういう意見が韓国側から出てくるのは良いことだと思いますが、この記事を読んで「たしかにそうだ」と心変わりする韓国人はあんまりいないでしょうね。
一番あり得るのは、韓国が絶対的優位な立場で日本が絶望的に劣勢な場合(日本vsブラジル戦がほぼこれに該当すると思いますが)で、その優越感から溢れ出る「ちょっとぐらい応援しといてやれ」的な「哀れみ」の気持ち程度でしょう。
なにも日本を応援する韓国人がいないと言っているのではなく、本当に日本に勝って欲しいと願う韓国人だったら最初っからそう思っていると思うし、そういう「親日的」な人の割合は5%もいればいいほうでしょう。

別に、いまさら日本を応援してもらわなくてもいいですけどね。
ま、野球のWBCみたいに立場が逆転したら、それはそれで恨みつらみがモノ凄いことになるのは折り込み済みです。(苦笑)
[PR]

by k_milliard | 2006-06-22 11:23 | 朝鮮


<< 残念無念      油断大敵 >>