んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 22日

油断大敵

新任委員に韓国人研究者 海底地形名称小委員会(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  韓国の聯合ニュースは21日、海底地形に関する国際機関「大洋水深総図(GEBCO)」
 が、下部組織の「海底地形名称小委員会」が同日からドイツで開く年次会議の新任委員に
 韓国人研究者を指名することを決めたと報じた。
 
  同小委は海底地名を国際的に認証するため、竹島(韓国名・独島)の領有権問題に絡め
 て日韓が注目してきた。昨年の会議は日本人1人を含む11人の委員で構成。全会一致の
 決定が原則のため、韓国は自国出身の委員がいなくては主張が通る可能性が低いと判断、
 韓国人を委員とすることを目指していた。委員数や任期に関する規定はない。(共同)
--- 記事引用終了 ---

竹島の領有権に絡んだ海底地形名称の問題は棚上げ状態でしたが、韓国が油断ならないのは、こういうことを着実にやってくるからなんですよねぇ。
委員の中に日本人がいるからまだ安心と言えるのかもしれませんが、こういうことはこちらから積極的に動いていかないと、気付いたら「韓国にハメられてた!」という事態を招きかねないと思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-22 11:02 | 朝鮮 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/3783768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tatsu at 2006-06-22 11:33 x
韓国は幾ら積んだんでしょうね。履行するアテの無い空手形で
簡単に騙されたたんでしょうか?

ま、全会一致原則ですから韓国案が通る見込みも無いわけですが。
と言うことは現状維持で日本名のままですね。
Commented by k_milliard at 2006-06-22 16:35
tatsu さん、こんにちは~
> 履行するアテの無い空手形
あぁ、いつもの手ですね。w
実利を得るための見せ金は常套手段ですからねぇ。
当分は安泰ですが、次はどういう手を打ってくるのか、気になります。


<< 優越感と劣等感は表裏一体      きっかけは、ワールドカップ >>