んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 22日

是々非々でお願いします

「独島領土は歪曲」 韓国人学者、異例の批判論文(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【ソウル=黒田勝弘】日韓が領有権を争っている竹島・独島問題をめぐって日本糾弾一辺倒
 の韓国で、歴史歪曲(わいきょく)を含む一方的な情報注入による過剰な愛国主義や、日本に
 対する過去イメージ偏重など韓国社会の現状を批判し、「国際的に通用する客観的な事実と論
 理」の必要性を強調する学術論文が発表され話題になっている。
 
  このほど出版された『日本学叢書1/日本は韓国にとって何か』(金栄作・李元徳共編、ハ
 ンウル社刊)に収録されている玄大松・東京大学東洋文化研究所助教授の「韓国人の独島意識
 形成過程とその構造」と題する論文で、小学生から大学生まで若い世代に対する意識調査(2
 001年、約1200人を対象に実施)を分析したものだ。“独島タブー”のある韓国で、韓
 国側の主張や姿勢に対する韓国人学者の“批判”はきわめて異例だ。
 
  調査によると「独島は韓国の領土」という意識は小学入学前に48%が持っており、小学生
 では94%にもなる。この領土意識は大衆歌謡、テレビ、教科書、教師、父母…などを通じて
 形成され、このうち小学生など若年層ほど大衆歌謡の影響が大きく出ている。
 
  大衆歌謡というのは1980年代以降、韓国で広く歌われている「独島はわれらの地」とい
 う歌で、歌詞には島の位置から自然環境、歴史的根拠、日本のことなどが詳しく織り込まれて
 いる。とくに古代6世紀の新羅時代から韓国領だったという古文献のことまで登場するため、
 韓国国民の多くは歌の文句で島に関する知識を得て、そう信じ込んでいる。
 
  しかし論文は古代史の「三国史記」はもちろん、韓国が歴史的根拠としてよく引用する中世
 の「東国輿地勝覧」や「太宗実録」「成宗実録」なども鬱陵島の記録であって竹島・独島は関
 係なく、歌の文句を含め「事実関係の歪曲」だと指摘している。
 
  論文はまた、韓国マスコミの歴史問題や「独島」問題に関する日本批判は「過酷なほどだ」
 といい、調査においてさえ「韓国マスコミは事実報道より反日感情を扇動し」「両国の意見を
 不公平に取り上げている」とする意見がかなり出ているとしている。
 
  調査では領土問題で「日本の主張にも根拠がある」18%、「日本を刺激すべきでない」9
 %、「国際司法裁判所で解決」25%、「日韓共同管理」5%、「戦争の可能性」30%など
 といった結果も出ている。
 
  韓国では過去、韓国の立場を支持する日本の学者の主張や研究はよく紹介されている。今回
 の論文は日本の主張を支持するものではなく、韓国側の方法論を批判するものだ。論文は結論
 で「韓国では戦後60年間、学界と言論界が一緒になって客観的事実より植民地支配の記憶と
 反日感情に訴え、愛国主義を前面に国民に誤った認識を植えつけてきた」と述べている。
--- 記事引用終了 ---

記事からの引用が長くなってしまいましたが、興味深い内容だったので全文を引用させて頂きました。

> 「国際的に通用する客観的な事実と論理」の必要性を強調する学術論文が発表され
> 話題になっている。

今の韓国で問題なのは、どのような内容の学術論文であれ、それが親日につながるモノであれば弾圧に近い形で排除されてしまうことでしょう。

> 今回の論文は日本の主張を支持するものではなく、韓国側の方法論を批判するものだ。

こう黒田さんが指摘するように、なにも論文が日本を支持している必要など無く、それぞれの国の立場で書かれていて構わないと思います。
ただし、学術論文と言う以上は、それが客観的に判断できる事実に基づき論理的に構成されていなければならないと思うのですが、残念ながら韓国ではそうではない。
日本に有利な情報は嘘と捏造で書き換えられ、何でも日本が悪い、子供の頃からそう教えられ信じ込まされている。
異常と言ってもいいくらいに傾いている韓国の対日批判に対し、それを正す意味での批判を、はたして韓国はどこまで受け入れることが出来るのでしょうか?

もし、この論文に異論があるのであれば、しっかり内容のある反論をお願いしたいですね。
(・・・って、それが出来てたら苦労しないかw)

あと、この論文で領土問題に関する調査がありますが、少なからず冷静な意見を持つ韓国人がいることも分かります。
韓国で行われる日本に関する意識調査の結果などを見ると、この調査のように日本に理解を示すような冷静な意見が、毎回少なくとも5%くらいはあります。
私は、この5%(もっと多いのかもしれないけど)という数字は、意外にも多いんじゃないかと思っています。
つまり、あれだけ国を挙げて構築されている対日感情なのに、国民の意識としてはそれが全てではない、どうやらそんな人が20人のうち1人はいるらしい。
今の韓国で、この少数派の方々の声が大きくなることは無いと思いますが、ここに期待したい気持ちがあります。

いずれにしろ、韓国はどんなに日本が憎かろうと、是は是、非は非と、嘘や捏造の無い(笑)自由な議論が出来るようになって欲しいです。
[PR]

by k_milliard | 2006-05-22 10:36 | 朝鮮


<< 誰が反対してるって?      もっと他に相応しい人がいるだろうに >>