んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 06日

恒例のゴタゴタです、はい

韓国ショートトラック「世界最強集団」で派閥争い(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  トリノ冬季五輪で6個の金メダルを獲得し、世界最強集団となったスピードスケー
 ト・ショートトラックの韓国代表チームに内紛が起こっている。5日には、五輪で3冠
 の男子のエース安賢洙が「スケートを辞めたい」と表明する騒ぎに発展している。
 
  代表チーム内では、安賢洙が所属する韓国体育大学とそれ以外の大学の勢力
 争いがあり、終了したばかりの世界選手権(米ミネアポリス)でも“派閥”の違う選手
 同士で妨害行為が行われたという。3日には、ある代表選手が「ほかの韓国人選手
 を押したのは間違ったことだった」と暴露している。
 
  4日には世界選手権で4年連続の総合優勝を飾った安賢洙が凱旋(がいせん)。
 ところが、空港で出迎えた同選手の父親が「ほかの派閥の韓国選手が邪魔をした」
 との理由でスケート連盟関係者に暴行を加え、連盟側が告訴する方針を示し事態
 は深刻化している。安賢洙は自らのホームページに「派閥争いで選手が多大な被
 害を受ける」とし「わたしのすべてだったスケートをやめたいくらいに事態が深刻だ」
 と苦しい心情を吐露した。
 
  トリノでは千メートル、千五百メートルメートル、五千メートルリレーで優勝し、今後
 も活躍が期待されている20歳の安賢洙だが、競技生活を続行するかどうかが不透
 明になってきている。
--- 記事引用終了 ---

はいはいはい、派閥争いですか。
こういう内紛は韓国のお家芸と言ったら言い過ぎかな?(笑

せっかく冬季五輪のショートトラックで「韓国の勇姿、ここに在り!」と世界に向けてアピール出来たのに、自分達で潰しちゃったら意味無いじゃん。
これ、三歩進んで何歩下がってんの?(笑

結局、民族がどうのこうの言ってるけど、自分の身内とか派閥が他よりも優位に立ちたい、立てればいい、という気持ちが強いということでしょうね。
安賢洙選手も気の毒というか、韓国で生まれ育った人の宿命というべきでしょうか。(笑
こんな身内のゴタゴタに嫌気が差した人は、さっさと国を見限って海外に移住するんだと思います。

まぁ、雑音に邪魔されず、このまま純粋にスケートを極めたいと思うんだったら、日本に来たらどう?
日本代表として大会に出るのは難しいだろうけど、やめたいと思うくらいだったら、そのほうがいいんじゃない?
反感買うようなことをしないで、おとなしくさえしていれば、スケートはずっと続けていけると思いますよ。
[PR]

by k_milliard | 2006-04-06 19:59 | 朝鮮


<< 文革ムードが人気      ドキュメント北朝鮮 >>