んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 30日

配慮されると意識してしまう

指紋採取の入管改正法可決 衆院法務委員会(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  16歳以上の外国人に入国審査時の指紋採取や顔写真撮影を原則として義務付ける入管
 難民法改正案が29日、衆院法務委員会で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。30
 日の衆院本会議で可決、参院に送られる運びだ。
 
  「プライバシー権保障の観点から慎重に検討すべきだ」として、指紋採取を当分の間凍結す
 ることなどを盛り込んだ民主党提出の修正案は否決された。改正案は、米中枢同時テロなど
 を受け、政府が2004年12月に策定した「テロの未然防止に関する行動計画」を踏まえた内
 容。政府は指紋などの生体情報をコンピューターに登録し、過去の強制退去者らと照合するこ
 とを想定しており、テロリストが別人に成り済まして入国するのを阻止するのが狙いだ。
 
  ただ(1)在日韓国・朝鮮人ら特別永住者(2)16歳未満(3)外交・公用での来日(4)国の招
 待者―は対象外とした。
--- 記事引用終了 ---

私が高校生のとき、外国人登録の申請の際に指紋を採取されました。
当時は、その時になれば指紋の登録をするもんだと思っていたので、何の躊躇もなく市役所に出向いて押してきましたよ。
その頃、指紋押捺を拒否した人の訴えが報じられてましたが、私の場合は何の抵抗も無かったです。
で、出向いた私に対して、市役所の担当の人が私を大きなロッカーに囲まれ少し奥まったスペースに案内し、そこで指紋を採取したいとお願いされました。
世間で裁判沙汰になっていた指紋押捺だったからでしょうが、ちょっと言いにくそうに低姿勢で採取する手順の説明をしてくれました。
たしか人差し指だけだったように思います。
インク台に対して指を半回転回すようにしてインクを付けて、申請用紙に指をクルンと回すように押し付けました。
その時感じたんですけど、指紋を採取されるのは全然構わなかったんですけど、別室に案内されるように人気の少ない場所で採取されたのが気になりました。
おそらく市役所側としては人権に配慮してのことだとは思うんですけど、逆にそうすることで、なんだか後ろめたいことをしているように感じてしまったんですよね。
あんなふうに特別な扱いを受けることで、実感として「私は特別な存在なんだ」と、差別意識を生み出しているように思いました。
もし、あれを他の証明手続きと同じように扱ってくれていれば、ただの手続きとして済ませられたと思うんですよ。
たぶん、指紋押捺に抵抗のある人がいたんじゃないかと思いますけど、そういう人の要望で人目につかない場所で採取するようになったのか、それとも市役所の独自の判断でそうしたのかは分かりません。
だけど、「人権に配慮」することで、逆に差別意識が生じてしまうことってあると思います。
だから「人権に配慮」って聞くと、その配慮って過剰じゃないの?と思うことが多いです。

で、外国人から指紋を採取する目的は、テロリストの成りすましなど、犯罪やテロを未然に防ぐことでしょう?
だったら、北朝鮮による日本人拉致事件で工作員が別人に成りすましていたんだから、在日韓国・朝鮮人にも適用すべきだと思います。
さらには、大韓航空機爆破テロで日本人への成りすましも実際にあったんだから、我々日本人もパスポート申請の際には指紋を採取したほうがいいと思います。
もちろん、悪用されないように取り扱いや運用についてはちゃんと決めて管理しないといけないですが、犯罪やテロを未然に防ぎたいのであれば、そこまでやったほうがいいと思います。
私なんか指紋押捺に全然抵抗ないですから、なんなら両手両足すべての指紋を採取されてもいいですよ。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-30 12:08 | 朝鮮


<< 竹島や、あぁ竹島や      バレてはいけない >>