2006年 03月 22日

WBC雑感 その4

好評頂いていたかどうか分かりませんが、いよいよこのシリーズも最終回。(笑
ってか、これ以上ひっぱりようが無いんだけど。

日本が強豪キューバに勝つなんて、凄いですね。
日本の優勝を期待はしてたけど、不覚ながら予想はしてませんでした。

しかし、キューバって強いですねぇ、あらためて思ったけど。
最後の最後までしぶとい!
こういうのを、「敵ながら天晴れ」って言うんでしょう。
この感覚、韓国人には分からないかもなぁ。w

1次、2次といまいち調子の出なかった日本代表でしたが、準決勝からは日本代表の本来の野球が出来て、今思えば優勝するのに理想的なチームの仕上がり具合だったのかもしれません。
いや、やっぱり、もうちょっと準備して練習しといたほうがいいのかな?w

今回、イチローという人の、人となりがよく分かりました。
彼は、すごく素直なんでしょうね、自分に対しても何事に対しても。
思ったことを素直に言っちゃう。
そして、誰にも負けないくらい野球が好きで野球を愛してるんでしょう。
だから、野球を冒涜するような行為(どれとは特定しないけどw)に対しては、誰よりも腹が立つんだと思います。
優勝した直後のインタビューでは、私が知る限り初めて謙虚な発言(自分のプレーよりもチームのことを、と)をしていたのを見て、よっぽど嬉しいんだろうなぁと感じました。

それから、韓国代表及び韓国人は、イチローの発言を(被害妄想的に)きっかけにして奮起し罵声を浴びせてたわけですが、最後には準決勝でねじ伏せて日本代表は勝ちました。
思ったんですけど、これ、これから使えませんかね?
つまり、今後WBCのような大会があるとき、事前に韓国人を触発するようなことを誰かが言って韓国人の反感を買っておき、あえて日本の選手を逆境におき不利な立場にするんです。
そうすることで日本の選手を精神的に鍛えて強くする。
日本が勝つためのモデルケースにする、というか。
サッカーのアジア杯でも、どの試合もオールアウェーの厳しい環境の中を勝ち抜いて日本代表は優勝したわけですが、今回も対韓国戦においてはそういう面があったと思います。
世界レベルの試合で日本の選手が実力を出せないことが多いのですが、もっと精神的にタフになったほうがいいと思うんです。
何度もそういう試合を経験している選手、例えば柔道の谷選手のような人であれば、オリンピックでの戦い方をよく知っていると思います。
でも、今回のWBCの日本代表のように、日本代表としてプレーする経験の無かった選手がいたり、結果を出せないでいる選手の場合、精神性を鍛える意味で、あえて逆境を買って出るのも一つの方法かと思いました。
日本は幸いなことに、お隣に過剰に反応する方々が住んでおられますので(笑)、ちょっと思わせぶりなことを言って触発するだけで炎上する性質を利用しない手は無いでしょう。
彼らにしても、憎い日本人を好きなだけ罵倒できるんだから、いいストレスの発散になるんじゃないかな?(爆
もちろん、日韓戦みたいな場合は、最後にはきっちり日本が勝つことになるんですけどね。
(それで韓国人のストレスがもっと溜まるかもしれない、というのは横に置いておくw)

まぁ冗談はさておき、今回、韓国の選手や応援する韓国人の程度の低さが露呈したのと対照的に、日本の選手や応援する日本人のマナーの良さが際立っていたような気がします。
っていうか、酷かったのは韓国だけって話もあるけど。w
相対的に日本人の評価が上がるから、韓国人にはもっとやってくれ、と言ってみたりりして。(爆
思えば、2002年サッカー日韓共催W杯でもそうでしたよね。
スポーツでは、勝負は試合の内容と結果でつけるのが当たり前だと思うんだけど、韓国の場合はそうじゃなく、罵声を浴びせたり、腹が立つからと意図的なデッドボールもあったし、やり方が子供じみてました。
日本人は、あんなんじゃないからねぇ。
もし、韓国人と同じことを日本人がやったとしたら、エラい非難されると思うし選手としての評価も下がるでしょ。
そういうことを、今回あらためて思いました。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-22 03:12 | 寸評


<< ニセモノだもの      WBC雑感 その3 >>