2004年 05月 26日

利害で考えてみる

少し前の私の記事で、日朝会談前の日テレの暴露報道を念頭においた発言をした。

これ ⇒ 問題なくても迷惑なコト

しかし、これは言わば小学生に道徳を教えるような内容だったので、若干補足しようと思う。

この中で私は、日テレのコトだけを問題にしていたので、その限りでは道徳的な説明で良かったと思うけど、今回の暴露報道のような場合には、利害関係も考慮しないといけなかった。
つまり、日テレは場の空気をよめなかっただけで道徳でも説明は出来るけど、この内容をリークした内部の人間については利害で言う必要があった。
それは、リークするコトによって何かしらの利を得る人、あるいは害を与えたかった人。
前者は、北朝鮮シンパ・スパイ・寝返り、いろいろ考えられる。
後者は、内部抗争・恨み、などか。
これらは道徳では説明できない。
動機を分類するなら、損得計算か感情のもつれになるのか。
いずれにしても、これらは「ワザと迷惑をかける」のだから、道徳の問題ではなかった。

話を少し拡大する。
利害関係で、北朝鮮による拉致事件の被害者を救出する活動を取り巻く環境を考えてみる。(表現が長いな)
まず、事件は未だに解決されていない。
というコトは、当然解決されたくない人や救出活動を利用しようと考える人がいる、と考えてもおかしくない。

首相帰国後の家族会の訴えに対する「批判」とされる動きも、利害で考える必要があるように思う。
家族会に来た電話やメールの4分の3が批判的内容だったらしい。

首相批判の家族会にメール500件 4分の3が批判の声

この中には、テレビで見た印象だけで「家族会はけしからん」と思った人もいるだろう。
私はこういう人を「おせっかいな善人」と考えている。
「国がこれだけやってあげているのに、あの態度はなんだ」
これ、先のイラク人質事件だったら分かる感情ですよ。
でも、この考え方の根底には、見返りを求める愛に通じるモノがあるように思う。
「私がこれだけしてあげているのに、あなたは何もしてくれない。」

仮に、家族会の振る舞いに礼儀的な問題があったとしよう。
だとしても、それはテレビを見ているだけで救出活動に何もしてない人間が、直接とやかく言う問題ではない。
例えば、家族会に代わって首相に口を利いてあげたとか、外務省に働きかけて交渉の段取りを整えてあげたとか、そういう人だったら苦言の一つでも言いたくなるでしょう。
でも、ほとんどの人はそんなコトしてないでしょう?
ただ成り行きを見てただけなんだから、当事者に文句言うのはおかしいよ。
文句言う前に支援金のひとつでも出しなさいよ。
実際には、ちゃんと家族会は感謝の気持ちを伝えていたんだから、そこを意図的にカットしたマスコミに悪意すら感じる。

で、話を利害に戻すが、このような「おせっかいな善人」もいたと思うけど、それだけじゃないだろう。
家族会や救出活動に害を与えたい人が、これを好機とばかりに仕掛けた攻撃とも考えられないだろうか?
世の中が利害で動いているとするなら、決して考えられない話ではないと思うが。
特に、北朝鮮の工作員なんか、この機会を逃すはずがないと思うけど。

当初の意図に反してかなり長々と書いてしまったけど、結局何が言いたかったかというと、私は理想だけを語るような青い人間ではない、というコトを言いたかった。
もしそう思われているとしたら心外なので、補足しました。
それだけを言うはずが、途中で止まらなくなってしまった・・・
[PR]

by k_milliard | 2004-05-26 11:12 | 拉致事件関連


<< その才能を今こそ発揮      被害者は人柱ではない >>