んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 08日

その先心中

“及び腰外交”大きなツケ 境界画定棚上げ論も(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  日本政府内には未確定の日中中間線の境界画定を棚上げし、共同開発論議を前進させ
 るという秘策も浮上している。だが、東シナ海の海洋権益確保に猛進する中国にどう対処
 するかという根本問題の解決にはほど遠い。試掘実施が最も効果的な対抗策のはずだ
 が、“及び腰外交”を繰り返す政府の対応が今日の事態を招いたといえる。
 
   (途中、省略)
 
 ≪誤算≫
 
  二階経産相は就任後、東シナ海問題について「中国との粘り強い対話」を強調してきた。
 
  中川昭一前経産相(現農水相)が試掘権を盾に中国と正面から対峙(たいじ)したが、「私
 はその道はとらない」と公言する二階経産相の戦略は、省エネや環境対策の技術協力と引
 き換えに中国側の譲歩を引き出そうとする「太陽路線」。二月の訪中時には、「日中省エネ
 環境総合フォーラム」を今年五月に日本で開催することで合意するなど、中国に便宜を図る
 形での関係改善を模索していた。そういった思惑も、中国にはまったく通じなかった。
 
  中国のエネルギー需要は石油換算で二〇〇四年の十三億八千六百万トンから、二〇二
 〇年に二十億六千三百万トンへ約一・五倍に増えるとの試算もある。「資源獲得への切迫
 感は日本と比較にならない」(資源エネルギー庁幹部)という。
--- 記事引用終了 ---

> 中国に便宜を図る形での関係改善を模索していた。そういった思惑も、中国には
> まったく通じなかった。

便宜を図っても、まったく通じなかったそうですよ。(笑
今後、二階経産相はどうするつもりなんでしょうかね。
その他大勢の「親中派」と呼ばれている人たちもどうなんすか。
これからも中国と共に歩んで行かれるわけですか?
だったら、これからは「親中派」ではなく「中国と心中派」と呼ばせてもらいましょうか?(笑

ところで、ここんとこ中国の動きは分かり易いですね。
7日の李外相の日本批判の様子なんか、かなり末期的に思えるんですけど。
このエネルギー・資源問題、中国はとても切迫しているんでしょう。
どうも、ちゃんと対外的な戦略を考えてる余裕が無いっていう感じで、とにかく目の前の問題をクリアするのに必死のようです。
サメと同じで、止まったら死んじゃう、みたいな。(笑
だから、李外相のような場の空気を読めない対応をしてしまうように思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-08 11:08 | ニュース | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/3307594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろん@李外相は頭悪そうだw at 2006-03-08 12:46 x
こんにちわ
二階ッチはコウタクミン(←新種の栄養素?)の講和を刻んだ石碑を建てようとした親中派だって読売に書かれてましたね。さぞ鼻高々なことでしょうwwww
江沢民石碑に対抗して今日の読売と産経の社説を額に飾って送ってあげましょうか?それともmilliard タンの言うように「心中」するなら「墓碑」に刻んであげた方がいいかなw
二階ッチ。あなたは日中間のパイプのつもりですか?ならば日本側の意思もきちんと流せよにゃ。
Commented by keta_m at 2006-03-08 14:48
二階らの媚中派は、パイプというより弁じゃないですかね。日本の利益は中国に流し、中国から日本へ流すのはストップする。
Commented by k_milliard at 2006-03-09 09:19
ろん@それは言わない約束でしょっw さん、こんにちは~
まだ「太陽路線」は続けるつもりなんでしょうかねぇ。
小泉首相は「円満解決すべく話し合いで」なんて言ってますけど、どこまで本気で言ってんだか。
話し合いだけでは打開できないと思うんですけど。
さっさと試掘やっとけばいいのに。
Commented by k_milliard at 2006-03-09 09:30
keta_m さん、こんにちは~
なるほど、弁が妥当な表現のようですね。
しかし・・・小泉首相はこうなることまで予想して任命してたのかなぁ。
中川さんのほうが良かったのに。
Commented by 嫌! at 2006-03-09 11:10 x
「心中派」には笑わせて頂きました、太陽路線も古い文字に成った割りには良く使われますね。
金大中ノーベル平和賞の語源ですからね、心にも無い事を云う時に使う言葉と「理解」される様に成れば少しは進歩と見るべきでしょうが?
どちらにしても、行動が第一試掘を始めなきゃ事が始まらない、円満解決した頃にゃ「海底空っぽ」じゃどうしようも無いでしょう。
Commented by keta_m at 2006-03-09 11:41
>小泉首相はこうなることまで予想して任命してたのかなぁ
二階、北側の2大臣はろくなことしないですよね。強硬派の小泉さんでも、さすがにある程度の「配慮」をしないとまずかったんじゃないですかね~。自民党内媚中派への配慮として二階大臣と傭兵議長、公明党への配慮で北側大臣。
望んで選んだとは思いたくないです。でも、同じ大臣でも閑職にして欲しかったと思います。
Commented by k_milliard at 2006-03-10 01:20
嫌! さん、こんにちは~
> 心にも無い事を云う時に使う言葉
金大中のせいで「北風と太陽」の話が本来の意味とは異なる使われ方をされるようになった気がしますね。
誰でも自分を「太陽」側におきたがるんだろうけど。w
しかし、試掘は本当にとっととやって欲しいですねぇ。
手遅れ感は否めないですけど、何もやらないよりはずっとマシでしょう。
Commented by k_milliard at 2006-03-10 01:23
keta_m さん、こんにちは~
小泉首相は「人事の天才」と評されてますから、そういう配慮はあったんでしょうねぇ。
北側大臣は公明党からの要望もありましたしね。
北側大臣、偶然かもしれませんけど、任期中にいろんな事件・事故があって大忙しですね。
それだけ公明党の存在もアピールされているわけですが・・・


<< 【恥辱の楽園伝説】ハッタり・ユ...      2010年 はやぶさの旅 >>