んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 01日

闇を証明できるのか?それとも潰されるのか?

永田氏が陳謝 メール真偽は言及避ける(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  民主党の永田寿康衆院議員(比例南関東)は28日午後、ライブドアの送金指示メール問
 題をめぐり、国会内で記者会見し「信ぴょう性を立証できなかった」と陳謝した。永田氏は議
 員辞職せず、民主党は半年間の党員資格停止処分とし、野田佳彦国対委員長、藤村修同
 代理が引責辞任。「メールは本物ではない」との党声明を発表した。前原誠司代表も「武部
 勤自民党幹事長、武部氏の二男、国民に党を代表しておわび申し上げたい」と謝罪、口座
 情報に基づく国政調査権の発動要求を取り下げる考えを表明した。
--- 記事引用終了 ---

夜、洗い物をしながら何気なくテレビを見ました。
「なんで今頃、杉村議員の謝罪会見を放送してんの?」と思いつつよーく画面を見ると、永田議員の謝罪会見でした・・・
皿を洗う音で話す声がよく聞こえず遠目にボヤッとした感じで見てたので、永田議員が杉村議員に見えてしまってました;
両者に共通しているのは・・・武部幹事長に関係していたことくらいでしょうか?(笑

民主党は、しきりに「巨大な闇」の存在を指摘しています。
テレビのコメンテーターの多くも、「闇」の存在を示唆しています。
もし本当に「闇」があるのなら、存分に告発して追及してください。
その「闇」が事実で、それを暴くことによって日本が良くなるのであれば、多くの国民はそれを支持することでしょう。

で、現実はと言えば・・・
党首討論の前に前原代表が「楽しみにしていてください」と言ったので、かなりの人が固唾を飲んで楽しみにしていたはずです。
あれだけ自信満々に言うんだから、きっと何か凄いネタを掴んでいて、その証拠をドーンと小泉首相に叩きつけるんじゃないのか、と。
しかし、それがスコッと肩透かしに終わり、野次馬的な国民の期待は大いに裏切られました。
「巨大な闇」があるのかないのか、それは現時点では分かりません。
状況的に推察すれば、あると言えるのかもしれません。
でも、いくら状況証拠が「黒」に近いからといって、決定的な証拠も無いのにそれだけで「闇」があるとは断定できません。
それは多くの方が指摘していると思います。
別に私は自民党の肩を持っているのではなく、権力サイドの「闇」の存在を暴くのであれば、またそれが「巨大」なのであればなおさら、用意周到にやらなければ潰されてしまうのがオチでしょう。
真実は分かりませんよ。
だけど、お粗末な失敗をしておきながら「それでも闇はある!」と言ったところで、負け惜しみにしか聞こえてこないんですよね。
で、肝心の永田議員はと言うと、これだけの混乱を招いておきながら議員辞職をしなかった。
これが政権交代を目指す野党第一党だって言うんだから・・・情けないと言うかなんと言うか。

今回の件で、さすがの民主党支持者ですら「おいおい、民主党は大丈夫か?」と思ったのではないでしょうか?
自民党を批判する人は小泉首相の独裁政治を批判したり国民は小泉首相に洗脳されているとか、民主党の菅元代表なんかは自民党を勝たせた国民をバカ呼ばわりしてました。
私なんかは、かつては信頼できる野党に入れたい気持ちもあったのに、こんなグズグズの民主党なんか支持できないから自民党を支持せざるを得ないんですよね。
私みたいなのがどれくらいいるのか分からないけれど、自民党がというのではなく、野党がヘボ過ぎると思いますよ。
そこんトコ、前原代表は分かってんのかなぁ?
ほんとに、しっかりしてよ、民主党!
[PR]

by k_milliard | 2006-03-01 11:34 | ニュース


<< 君、金で魂を売りたもうことなかれ      街中の歩き煙草は危ないっす >>