んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 27日

さりげなさって、大切だけど難しい?

熱狂とさりげなさ 成熟した大会 中国への教訓(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
 
   (途中、省略)
 
 17日間を振り返って、感じた大会の特徴を一言でいえば、「さりげなさ」であろうか。
 
  前回のソルトレークシティーが、あまりに濃厚なアメリカ色を前面に出しすぎて、他国チー
 ムの反発を買ったのとは対照的だった。
 
  各競技の観客席には、それぞれの国の応援団が国旗を掲げて、自国選手と国の名前を
 連呼するおなじみの風景はみられた。それでも、すばらしい記録や演技には、選手の国籍
 を問わず、惜しみない拍手が送られた。
 
  不正採点疑惑を受けて、フィギュアスケートで新採点システムを導入したことも功を奏して
 いるとみられるが、前回大会のように、米国のメディアと世論に押される形で、判定が覆っ
 たりするようなこともなかった。
 
  いい例が女子フィギュアだ。フリーでは、ショートプログラム1位のコーエンと2位のスルツ
 カヤ。米露対決の様相を呈していたが、結局、観客席のスタンディングオベーションを勝ち
 取ったのは、荒川静香だけだった。彼女の金メダルに、米露応援団から不満の声が出るは
 ずもなかった。
 
  イタリア色を押し付けない、大人の大会運営が、冬季五輪ならではの成熟した雰囲気を
 醸し出したのだと思う。
--- 記事引用終了 ---

実は・・・白状しますと、かつて私は大のクイズ好きでした。
で、得意分野が地理と五輪だったもので、それに関する知識は今でも「並の上」くらいはあるんじゃないかと自負しています。(どんなランクだ?w)
だから、「冬季五輪が開催されたことのある都市を5つ答えろ」って問題なんかだと、今でも「サンモリッツ」とか「レイクプラシッド」ぐらいはスラスラ出てくるし、「ガルミッシュ・パルテンキルヘン」という、とても堅気とは思えない答えも出てきます。(笑
その度に、妻から怪訝な顔をされてしまいますが・・・(哀

さて、本題です。(笑

> それでも、すばらしい記録や演技には、選手の国籍を問わず、惜しみない拍手が送られた。

こういうことは日本では当たり前の話なんですがねぇ。
しかし、そうではない国があるのも現実なわけで、それを踏まえれば今回の五輪は素晴らしかったと言えるのでしょうか。
日本では、スポーツの世界にそれ以外のことを持ち込もうとはしないでしょう。
例え北朝鮮の選手やチームが優勝したとしても、他の国の選手と同じように褒め称えるはずです。

それから、ここ数日テレビを見ていると、フィギアで金メダルを獲得した荒川選手のことを、スルツカヤ選手がジャンプで転倒したことによる「棚ぼた」的金メダルかのような言われ方をされているのを見ました。
私は何度も荒川選手のフリーの演技を見ましたけど、明らかに美しい演技だったと思います。
この記事にもあるように、

> 結局、観客席のスタンディングオベーションを勝ち取ったのは、荒川静香だけだった。
> 彼女の金メダルに、米露応援団から不満の声が出るはずもなかった。

会場ではこのような雰囲気だったようです。
他の選手のことを言うのであれば、今までの大会にしろ他の競技にしろ、本番で最高の演技をした者が優勝するんでしょ?
他の選手が失敗しようが何しようが、トップを取った者が勝ちなんですよ。
しかも、今回荒川選手が優勝を決めたフリーの演技は他の誰よりも最高でしたよ。
それを自嘲ぎみに「棚ぼた」みたいな言い方をするのは、荒川選手だけでなくスルツカヤ選手とコーエン選手に対しても失礼な話だと思います。


記事の後半を続けます。

--- 記事引用開始 ---
  さて、2年後には北京五輪が開催される。驚異的な経済発展を続ける中国が、名実ともに
 先進国の仲間入りをするきっかけとしてとらえ、意気込んでいるのはわかる。
 
  ただこんなことがあった。北京の組織委員会が開いた会見で、同僚記者がした「報道の
 自由は保障されるのか」とのごく普通の質問に対して、幹部の顔がこわばるのがわかった。
 
  あるいは、中国の通信社の女性記者が国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長にこん
 な質問をしていた。
 
  「中国はオリンピックを前にさまざまな国際的なプレッシャーにさらされている。IOCは助け
 てくれないのか」
 
  完璧(かんぺき)な英語にもかかわらず、ロゲ会長は質問の意味がわからず何度も聞き
 なおしていた。「中国にどんな助けがいるというんです?」
 
  何をピリピリしているのだろう。ありのままの今の中国の姿を見せてくれればいいのだ。そ
 れこそトリノ五輪が与えてくれた教訓のはずだ。(トリノ 田中規雄)
--- 記事引用終了 ---

最後の部分、

> ありのままの今の中国の姿を見せてくれればいいのだ。

これは中国への挑発ですか?(爆

> IOCは助けてくれないのか

って、ロゲ会長もこんな質問をされて困ったでしょうねぇ。
たしかに、これでは意味が分からんぜよ。
これって、軽~くタカッってんの?w
一方、日本は様々な面で言われなくても中国をお助けしてきましたけど、お礼の一言も無いような気が・・・w
困ってるなら困ってると素直に頭を下げればいいのに、まったくジャイアンったら素直じゃないんだからっ!(笑

さてさて、2年後の北京五輪が楽しみですねぇ。
トリノ五輪の「さりげなさ」を学んでいるとは思えないけど、少しでもマズい対応をすれば世界中から白眼視されるだろう、ということだけは言っておきたいです。
[PR]

by k_milliard | 2006-02-27 11:59 | ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/3262240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 帰化人 at 2006-02-28 19:30 x
ソウル五輪の時は、(当時の東側、西側のボイコット騒ぎを経て)12年振りの「まともな」オリンピック ゆうことでかなり盛り上がった記憶がありますが、それでも、ボクシング場での「会場暗転事件」とか、あまりに狂気じみたホームタウン・デシジョンで、アノ国の醜態を(一面的ではありますが)全世界にさらけ出しましたね。

2年後の北京五輪でも、似た事態が予想されると思いますが・・・♪
Commented by k_milliard at 2006-03-01 09:46
帰化人 さん、こんにちは~
> あまりに狂気じみたホームタウン・デシジョン
北京五輪でも似たような光景を目にするんじゃないでしょうか?
まぁ、韓国よりはマシなような気はしますが。w
ただ、日本人が出場する試合での観客の動向が気になります。
会場のノリというか雰囲気は、その場でなんとかしようと思っても出来ないでしょうしね。
当地の某テーマパークでの観客のマナーの悪さは既に報じられていますし、そういう面でも懸念材料の多い大会になるでしょう。
Commented by abusan at 2006-03-02 08:50 x
>例え北朝鮮の選手やチームが優勝したとしても、他の国の選手と
>同じように褒め称えるはずです。

白状しますと、荒川静香選手の金メダルで韓国に対し溜飲を下げたクチでして(^◇^;)
韓国のメダルラッシュはそれはそれで凄いというか、ニッポンもっとしっかりせんかい!
と言いたくなりますな。まあ、クニの政治家や企業、学会が失態の連続でしたから
韓国選手団の大活躍は韓国国民を大いに勇気づけたと思います。
Commented by k_milliard at 2006-03-02 09:57
abusan さん、こんにちは~
たしかに、もっと日本の選手がんばってよ、とは思いましたねぇ。
力を出し切れた選手はいいんですけど、途中で諦めた選手には厳しい目で見てしまいます。
韓国は感情的にも国勢的にも浮き沈みが激しいですから(笑)、五輪をネタに身内で大いに盛り上がる分にはいいでしょう。
まぁ、経済的に今年どうなるのかは分かりませんが。


<< 街中の歩き煙草は危ないっす      地道な努力が実を結ぶ >>