んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 24日

地道な努力が実を結ぶ

荒川が逆転で金メダル!!(サンスポ)
--- 記事引用開始 ---
  フィギュアスケート女子で荒川静香(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲
 得し、不振が続いた今大会の日本にようやく初メダルをもたらした。五輪フィギュ
 アでの日本選手のメダルは1992年アルベールビル大会銀の伊藤みどり以来、
 2個目で、「金」は史上初の快挙となった。ショートプログラム(SP)で小差の3位
 だった荒川は、フリーで高得点を挙げ、SPとの合計を191.34点とし、SP首位
 のコーエン(米国)、同2位のスルツカヤ(ロシア)を逆転した。冬季五輪で日本の
 「金」は通算9個目。女子では長野大会スキー・モーグルの里谷多英以来、2人
 目の金メダリスト。
--- 記事引用終了 ---

今大会、日程的に後半に予定されていた女子フィギアスケートの選手に対するメダルへの重圧は強かったのではないでしょうか。
それに加えて、芸術的要素でも評価される競技で欧米人に勝り日本人が優勝するというのは、かなりの偉業ではないかと思います。
おめでとうございます、荒川選手!
凄いよ、あんた!

さて、その荒川選手の金メダルですが、妻の「金メダル取ったよ!」という声で飛び起きNHKを観ると、既に表彰式が行われようとしているところでした。
表彰台の三人にそれぞれメダルがかけられ、会場で国旗掲揚と「君が代」が流れるのを観ました。
寝起きで頭がボーッとしていたせいもあるけど、久しぶりに「君が代」でジーンときてしまった。
やっぱりいいなぁ、「君が代」は。
奇しくも荒川選手の名前にもあるように、静かに平和を願う「君が代」は世界に向けて堂々と奏でることの出来る国歌だと思いましたね。

で、途中で気がついたんですけど、ジーンときたのは「君が代」だけが原因じゃなかったんですね。
それは、「銀」がアメリカのコーエン選手「銅」がロシアのスルツカヤ選手だったので、三カ国の国旗、つまり日の丸の両サイドにアメリカとロシアの国旗がある、その前で日本人の荒川選手が一番高いところに立っている、というこの光景にジーンときました。
せっかくのスポーツの感動的なシーンに関係無いことをダブらせるのは如何なものかとは思いますけど、理屈じゃなくて、その光景にある種のメタファーを感じてしまいました。
これって、偏狭なナショナリズムでしょうか?
[PR]

by k_milliard | 2006-02-24 12:48 | ニュース


<< さりげなさって、大切だけど難しい?      日本では「竹島」と呼ばれている。 >>