2006年 02月 14日

ヲチ課題「有頂天な韓国の威信とその成り行き」

次期国連事務総長選、韓国外相が立候補へ(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  韓国の外交通商省は14日、年末で任期切れとなるアナン国連事務総長の後任事務総
 長選に潘基文(バン・キムン)外交通商相(61)が立候補すると正式に発表した。潘氏は同
 日午後の記者会見で、自ら立候補を表明する。
 
  事務総長ポストは世界各地域の持ち回りが慣例となっており、国連加盟国の間では「次
 はアジア」との認識が強いが、タイのスラキアット副首相、スリランカのダナパラ元国連軍縮
 局長らも既に出馬を表明。韓国政府は同国初の事務総長選出に向け、積極的に他国に支
 持を呼び掛ける構えだ。
 
  潘氏は先月、ニューヨークで国連安全保障理事会常任理事国である米国、英国、ロシ
 ア、中国の各国連大使らと会談。韓国政府も、北朝鮮などを含む国連加盟国との接触で立
 候補の意向を伝達したという。
 
  潘氏は外交官出身で外交通商次官、駐国連代表部大使、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の
 外交補佐官を経て2004年から現職。(共同)
--- 記事引用終了 ---

まだ潘外交通商相が国連事務総長の後任に選ばれる可能性は低いと思います。
思いますが、侮れない存在ではあると思います。
潘氏のことは詳しく知らないし個人的な恨みはないんですけど、こういう人事には周到に準備をするのが韓国人なので、決定するまではどうなるのか分からないですね。
もし、潘氏が選ばれたとしたら、韓国の国民感情から察するにウリナラマンセー弾が炸裂するのは火を見るより明らかでしょう。(笑
なんせ、クローン技術捏造事件で喪失したプライド。
これを何かで取り戻したいと思っている韓国人は多いと予想します。
まだ日本人がなってない国際的な重要ポストに韓国人が選ばれたとしたら、そりゃあ大変な騒ぎになるんじゃないですかね。
その対日優越感たるや、凄まじいデムパが放出されると思って間違いないでしょう。
で、その人事が「コリアお買い得バリューパック」だとしたら、お約束のように「失脚騒ぎ」と「根拠なき擁護論」もセットのはず。
予想を裏切らない韓国なので、今後の成り行きに要チェキラです。

ところで、国際的な韓国の評価ってどうなんでしょうね。
特に欧州では。
と言うのも、サッカーの2002年日韓共催W杯以来ずっと気になってるんですけど、あの大会で予選から本選にかけて韓国は、やり過ぎたでしょ。
国の名を挙げると、ポルトガル・スペイン・イタリア。
ドイツも応援ではかなり酷いことをされてたんですが、試合には勝ってるんで一応除外しておきます。
で、私の想像ですが、先に挙げた国を中心として、あの大会で韓国は欧州勢からかなりのひんしゅくと恨みを買ったはずなんです。
このことで欧州勢は、きっとなんらかの形で韓国に報復するのではないでしょうか。
同じサッカーで報復するのであれば、今大会のドイツであるのかもしれないし、ひょっとしたら今後しばらくずっとそうなのかもしれません。
そういう白人社会のことって日本人の感覚では分からない部分が大いにあると思うので、可能性としては十分あり得る話じゃないかと。
あるいは、サッカー以外のスポーツでもそうなのかもしれません。

これって韓国が自分で蒔いた種なので、日本としてはどうしようもないんですけど。
もし、日本は韓国に泣きつかれたとしても、出来るだけ巻き込まれないようにするのが懸命かと思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-02-14 15:39 | 朝鮮


<< トリノ冬季五輪 日本勢は不振?...      それなりの理由 >>