んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 25日

どの地域の歴史にも特殊性はありますよ~

歴史研究への米参加拒否 中国「北東アジアは特殊」 (産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国外務省の孔泉報道局長は24日、ゼーリック米国務副長官が提案した日米中3カ国
 による歴史共同研究について「北東アジアの歴史は特殊性がある」として事実上拒否する
 姿勢を示した。
 
  報道局長は、この特殊性は「中国、韓国、日本に直接関係する」と指摘、日中韓3カ国に
 よる共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」と述べた。
 
  中国は昨年11月の中韓首脳会談などを通じ、歴史問題で韓国と連携し日本に対処する
 姿勢を強めている。日韓の同盟国である米国が歴史問題に介入、歴史問題で北朝鮮も含
 めた北東アジアの「対日統一戦線」が乱されることへの懸念が米国参加拒否の背景とみら
 れる。
 
  ゼーリック副長官は北京の米国大使館で記者会見し、温家宝首相らとの一連の会談で日
 中関係について協議したことを確認。日中両国関係には「明らかにある程度の緊張が存在
 する」とする一方、「両国には、広範囲に共通利益を有しているとの認識もある」と強調し、
 米国として良好な日米中3カ国の関係に向け努力したいと述べた。
 
  孔局長はまた、最近、日中韓の学者が教科書の共同制作などを通じ「有益な試みを行っ
 ているのは喜ばしい」とした上で、日中韓3カ国が積極的に歴史研究で協力すべきだとの立
 場を強調した。
 
  ゼーリック副長官は昨年9月の講演で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝など歴史認識
 問題で対立する日中関係打開のため、日米中3カ国の歴史学者による歴史共同研究の開
 始を提案。日本を訪問していた23日にも3カ国が歴史学者らによる対話を始めるよう提起
 していた。(共同)
--- 記事引用終了 ---

> 日中韓3カ国による共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」

の「われわれ」に無理やり日本が入ってないか?(爆

特亜三国は、歴史共同研究を他の国に邪魔されたくないから拒否するでしょうね。
拒否されているのが戦後占領政策の当事国アメリカだってのが、かなりシュールな話ではありますが。(笑

特亜は、もっと自分達に都合の良い状態を日本に作っておきたいはずです。
そういう世論に近づけるために、おそらく日本で工作活動を展開していると思います。
ところで、この件に関して憲法第9条護憲派とか反戦平和団体などはどういう意見なんでしょうか。
日本の過去を取り上げて問題にするのであれば、最低限の前提としてそれが事実であるべきで、客観的な評価に耐えられるものでなければいけません。
であれば、この記事のように特亜以外の国も入れたほうが、偏りの少ない研究が出来るでしょう。
そうではなく、当事国同士だけで構わないというのであれば、現状としては日本の立場なんか無視され特亜の一方的な「被害者」たる歴史認識だけになるのではないのか?そういう危惧があるわけです。
もしそうであれば、それは歴史共同研究と言いながら、研究とは言えないでしょう。
日本は過去を反省すべきというのなら、その反省すべき特殊性のある北東アジアの歴史的事実とはなんなのかを評価するためにも、第三国も交えて研究しろと言うべきなのではないでしょうか?

だいたい、拒否する理由が「特殊性があるから」だなんて、理由になってないと思うんですけど・・・(苦笑
[PR]

by k_milliard | 2006-01-25 11:00 | ニュース


<< 従わない者には死罪を      コメンテーター特需 >>