んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 23日

私も自衛隊の皆様に感謝しています

法王、スイス衛兵500年の忠誠に感謝(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ローマ法王の身辺警護などに当たるスイス衛兵が発足して22日でちょうど500年。バチ
 カンのサンピエトロ広場で法王ベネディクト十六世が同日、衛兵に祝福を与え、長年の忠誠
 に感謝した。
 
  スイス衛兵を創設したのは、ミケランジェロのパトロンとしても知られる法王ユリウス二
 世。スイス兵は勇猛で知られ、1527年の神聖ローマ帝国によるローマ略奪では、法王を
 守ろうとしてほぼ全員が戦死した歴史を持つ。
 
  現在の隊員は110人。(1)スイス国籍の男性でカトリック信者(2)身長174センチ以上
 ―などの入隊条件がある。4月上旬には、500年前の衛兵が行軍したスイス―ローマ間
 (約720キロ)を元隊員が行進するなど、記念行事が6カ月間にわたって続く。(共同)
--- 記事引用終了 ---

ローマ法王と衛兵・・・
一見、相反するモノの組み合わせのように思えるけど、血を血で争うような歴史のあるヨーロッパの宗教界では当然のことなのでしょう。
日本でも武装化したお坊さんがいた時期がありましたが。
きっと、スイス人としても衛兵になることは名誉なことなのではないでしょうか?
私は一神教の教徒ではないので、その信条を計り知ることは出来ないですけど。

この話には現実と歴史がありますね。
良くも悪くも理想だけでは語れない、歴史の重みを感じさせてくれます。

衛兵を兵士に言い換えてみますが、兵士がその守るべき対象からねぎらいの言葉を頂けたとしたら、士気も上がることでしょう。
だって、命懸けで守っているわけですから、これほど嬉しいことはないと思います。
日本では、そういう方にたいして石を投げるような人たちがいますが、嘆かわしいことだと思います。
一体、誰のために命懸けで守ろうとしているのか、そういうことを考えたことはないのでしょうかねぇ。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-23 17:18 | ニュース | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/3072984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from * 園丁日記 * at 2006-01-25 13:11
タイトル : シスター、どうしちゃったんですかぁ!
…って、思わずエントリした次第なんですが。 こんなの公式サイトにアップしていると、「九条の会」 →日本共産党関連だと思われちゃいますよ?修道会としての 賛同なんでしょうか?それともホームページの管理担当者の 手が滑ったんでしょうか?でも、こんなのをアップして..... more
Commented by abusan at 2006-01-24 05:07 x
そう、日本住民の平和を守るために日夜戦っているのが「新日本軍」こと
自衛隊だと言うことですね(^o^)

悲しいかな日本も余りよく無い意味でアジア的な混沌があって
そんな自衛隊を非難するアフォも居るって事で。まあ、こやつら
を日本列島から追放したいですな > 脳味噌がアカいアフォ共
Commented by k_milliard at 2006-01-24 09:53
abusan さん、こんにちは~
私の周囲では幸いなことにそんな人はいませんけど、現実にいますもんねぇ。
困ったものです・・・
Commented by ろん@さぶい・・・財布が at 2006-01-24 12:37 x
>そんな自衛隊を非難するアフォも居るって事で。まあ、こやつら
を日本列島から追放したいですな > 脳味噌がアカいアフォ共

>私の周囲では幸いなことにそんな人はいませんけど、現実にいますもんねぇ

私は10年近く前まで、確実にこの種の人間でした。
まぁ、でも「赤」では無かったとは思いますけど、、、「橙」ぐらいw
自衛隊には反対。何かというと日本政府を批判ばかりしていました。
そうする事が理性であり、知性でもあると勘違いをしていました。
時には自分のそういう態度を「なんかちょっと違うんでねぇの?」と疑問を持つことはあっても自分の中で打ち消していました。考えなかったのです。
実に恥ずかしい事でした。反省しています。
                         ・・・追放されなくて良かった(^^;
Commented by k_milliard at 2006-01-25 09:20
ろん@同じく、炎症を起こしかけです さん、こんにちは~
どうなんですかねぇ、ある程度若い頃って仕方ないんじゃないですか。
社会に出ていろんなことを経験して私も考え方が変わったりしましたし。
Commented by 枇杷 at 2006-01-25 13:14 x
無防備宣言運動に夢中の日本のカトリック聖職者は、
バチカンの無防備宣言をまず勧めるべきですよ。守ってくれる人々あっての生活です。
感謝も知らんと、こんなことをする修道者がいるのは情けないですよ。
Commented by POTi at 2006-01-25 20:37 x
ろん@さん
チャーチルの名言に「二十歳までに共産主義にかぶれない者は情熱が足りないが、二十歳を過ぎて共産主義にかぶれている者は知能が足りない」っていう言葉があります。チャーチルの言葉じゃ無いって言われましたが、その時確認出来なかったので、チャーチルでは無いのかも知れませんが、わたしはけだし名言だと思っております。考えれば。嘗て大学紛争の精神的支柱になっていた方は、殆どがそれぞれの分野で成功しています。いまだに引き摺っている方は昨今ニュースに出ている通りですけど。反対に考えると、そういう精神的支柱を失って、こんにちの反体制勢力は恐ろしくバカになっているって事も言える訳ですが・・・
Commented by ろん@更正? at 2006-01-27 09:46 x
POTiさん。
私も当時は結構本なんかも(馬鹿なりに)読んでいたんですけど、今思うと自ら疑問を持ち何かに取り組むというより、先入観っていうか、結論ありき、結論頂戴、てな感じで「進歩派」と称する方々の御説を押し頂いておりましたねぇ。新聞も当然「朝日」でしたw
朝日の評価を巡って激論、友達を一人失った事もあるなぁ。
お~いS。俺が悪かったw


<< コメンテーター特需      随分と日本も舐められたもんやねぇ >>