んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 17日

困ったジャイアンのお小言

「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【北京=福島香織】中国外務省傘下の半月刊誌「世界知識」(16日発行)は3ページをさ
 いて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が批判対象となることは珍しく
 ないが、「言論暴力団」「保守御用喉舌(宣伝機関)」と呼ぶなど、ここまで激しい論調は珍し
 い。今月上旬、日中協議の席で、中国側が日本側に報道規制を求め断られた経緯がある
 が、当局が日本メディアの中国報道にいかに敏感になっているかがうかがえる。
 
   (途中、省略)
 
 一方、朝日新聞については、「広範な大衆を代表する進歩的メディア」と紹介し、戦後の保
 守勢力台頭に断固反対する民衆と朝日新聞に対し「保守勢力は言論操作の重要性を実感
 した」と解説。フジサンケイグループを、保守政財界のてこ入れで生まれた「保守勢力の御
 用喉舌」と位置づけた。
 
  さらに産経新聞などを「狭隘(きょうあい)な民族主義を吹聴するだけでなく、異論を排斥
 する言論暴力団」と呼び、「朝日新聞や進歩的論客を長期にわたって悪意に攻撃してきた」
 と述べた。
 
  中国は最近、日本の新聞の論調に敏感で、中国外交官が「日本新聞で産経だけが首相
 の靖国参拝を支持している」と語るなど、当局の産経新聞に対する不満が強まっているよう
 だ。
--- 記事引用終了 ---

産経新聞が本当に「言論暴力団」かつ「保守御用喉舌」なのか?ということよりも、中国外務省側からこのように名指しされている事実が、日本における産経新聞の立場を物語っているでしょう。
一方、逆に朝日新聞がお褒めの言葉を頂けている事実も、日本での朝日新聞の立場を明確にしていますね。

中華が言う「保守御用喉舌」というのは、「アメリカの御用聞き」と言う意味でしょうか?
であれば、中華は直接的には日本を攻撃しつつ、実際はアメリカと対峙していると言えるでしょう。
どのような勢力関係があるにせよ、中華が次第に名指しまでして日本の言論機関を批判するようになったことは、日本にとって良いことではないでしょうか?
これをもって近隣諸国との関係が悪化していると言う批判が出てくるはずですが、これも国家間の対話だと思います。
たしかに、今だけを見れば関係は悪化しているようにも見えますが、長期的に考えればこれでいいと思います。
小泉首相の言い方に似てしまいますが、一つがダメなら全部ダメということは無いし、むしろ中華にとって都合の悪い事実を批判したら「黙れ」と威圧されることのほうがおかしいでしょう。

中華はあの手この手で日本に内政干渉し、まさに「異論を排斥」しようとしている暴力団です。
こんな圧力に負けないよう、産経新聞には頑張って欲しいものです。
そして、朝日新聞はこれからも中華と一蓮托生、落ちるとこまで落ちちゃってくださいな。w
[PR]

by k_milliard | 2006-01-17 16:40 | ニュース


<< おまえはスッコんでろっ!      各局、番組の差し替え、お疲れ様です >>