んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 20日

マスコミの姿勢

首相訪朝の日テレ取材、同行拒否を正式撤回
ほうどうのじゆう/報道の自由

たしかに秘書官の対応はマズかったと思う。
日テレの報道内容が日朝交渉にどのような影響を与えるのか。
具体的な数字を公表することで、交渉が不利になるのかどうか。
私には、正直その評価はしかねている。

だが、今回の件に限らず、「報道の自由」「国民の知る権利」を御旗に掲げるマスコミの姿勢はどうなんだ。
「自由」って何をやっても許されるという意味か?
「権利」って言うけど、状況にもよるだろう。
誘拐報道のように自主規制する場合だってあるはずだ。
その判断はマスコミ各社に委ねられているのかもしれないけど。
しかし、国家規模の問題しかも人命に関わる問題であれば、マスコミは政府と歩調を合わせる必要があるだろう。
もし今回の日テレの報道が交渉に悪影響を与える内容だとしたら、報道は事後にすべきだと思う。
この報道のせいで交渉が上手くいかなかったら、日テレは責任とれるのか?
とれないだろう。

政府と歩調を合わせるべき、と言うと非民主的だと批判を受けそうだけど、私は状況に応じて見極めろ、と言っている。
全てをそうしろとは言っていない。

日本人としてどうするべきか、考えて行動しよう。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-20 11:14 | 拉致事件関連


<< 女優の常識!?      偽造酒と劣悪粉ミルク >>