2006年 01月 11日

チベットに明日の日本を重ね合わせてみる

スペインでチベット「虐殺」審理へ 当時の中国首脳らを告発(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  スペインからの報道によると、マドリードにある全国高裁は10日、中国によるチベット支
 配で多数が殺害されたとして、中国の江沢民前国家主席や李鵬元首相ら7人を人道に対
 する罪などで告発した非政府組織(NGO)の訴えについて審理入りを決めた。

 告発したのはマドリードにあるNGO「チベット支援委員会」など。中国がチベットを統治下
 に組み入れた1951年以降、100万人以上のチベット人が殺害されたり、行方不明になっ
 たりしたと指摘。7人はチベットでの大量虐殺や拷問を認めたと主張している。
--- 記事引用終了 ---

> 中国がチベットを統治下に組み入れた1951年以降、100万人以上のチベット人が
> 殺害されたり、行方不明になったりしたと指摘。

あくまでもNGO「チベット支援委員会」などの主張によりますが、100万人以上のチベット人が被害に遭った、という指摘ですね。
現在、チベット自治区におけるチベット人の人口が約500万人らしいので、単純計算で1/6程度のチベット人が中共によって殺害されたか行方不明になっている、と。

         ・・・・・・・・・

え~っと、日本の人口は約1億2千万人なので、これまた単純計算で1/6だとすると、約2千万人が・・・

         ヒ~~~ッ;

(あ、ここツッコミ所なので誰か適当にツッコんで下さい。(笑))

いずれにしても、このスペインでの告発は要チェックです。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-11 18:09 | ニュース


<< ついに危惧していたことが・・・      お約束ですか? 【韓国の熱い論争編】 >>