んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 10日

訪中トレイン

金正日総書記が特別列車で訪中 1年9カ月ぶり(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  北京の複数の外交筋は10日、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が特別列車で
 同日朝、中国入りしたと明らかにした。金総書記の訪中は2004年4月以来、約1年9カ月
 ぶり。今回の滞在先や日程など詳細は不明だが、胡錦濤国家主席(共産党総書記)と11
 日にも会談する可能性がある。首脳会談では両国の関係強化や経済協力のほか、第5回
 6カ国協議再開問題などについて意見交換するとみられる。
 
  これに関し、中国外務省の孔泉報道局長は10日の定例記者会見で「その問題について
 答える権限を与えられていない」と述べて確認を避けたが、否定はせず、金総書記訪中を
 示唆した
 
  金総書記の訪中は秘密訪問が通例で、これまでは日程終了後に訪問の事実が発表され
 てきた。今回も事実の確認や発表は全日程の終了後になるとみられる。
--- 記事引用終了 ---

中国の後ろ盾が必須な金正日は、この訪中で胡錦濤国家主席と何を話し合うのでしょうか。
もちろん6カ国協議のことは話し合うんでしょうけど。
ちなみに秘密の訪中らしいんですが、バレバレなのはいいんですかね?w

きっと、北朝鮮はもう先が無いですね。
韓国を上手く丸め込んだ格好になっているけど、韓国だけでは総地盤沈下で共倒れになるだろうし、どうやっても中国の力無くしてはやっていけないのではないでしょうか。
本当は日本からシコタマふんだくりたいはずだけど(笑)、拉致事件をきっちり認めて全員解放しておけばいいものを、結局そこがクリアされない限り日本からの支援は望めないんですから。
自業自得ですよ。
まぁ、あんな国は中国にでも吸収されてしまった方が「まだ」マシってもんでしょう。

あと、韓国も中国との関係を強化しているようだし、特定亜細亜の三カ国が団子のようにつるんでいる様子がアリアリです。
出来れば日本をアメリカから遠ざけて国際的に孤立させたいのでしょうけど、そうは問屋が卸しません。
たしかに日本としては特亜と緊張状態が高まるのは避けたいところですが、だからといって強大にして乱暴な中華圏に飲み込まれてはいけません。
中華は食べるものであって、飲み込まれるものではありませんから。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-01-10 20:40 | ニュース | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2998204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ブログで情報収集!Blo.. at 2006-01-11 11:28
タイトル : 金正日総書記が特別列車で訪中!行き先はロシア?
「金正日総書記が特別列車で訪中!行き先はロシア?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ...... more
Commented by 兵藤一馬 at 2006-01-11 09:31 x
世界最終戦争は米国と中国で行われる。と私は予測してます。
その時日本は、中立なんて言ってられません。言ったところで寝言だと言われるでしょう。
じゃあ日本はどちらにつく?
究極の選択。
悔しいが米国でしょう。中国よりはマシです。
Commented by k_milliard at 2006-01-11 10:50
兵藤一馬 さん、こんにちは~
> 悔しいが米国でしょう。
悔しいけど・・・現状では仕方ないですねぇ。
非武装中立論者は反戦とか非戦を訴えるはずですが、実態は中国寄りの連中ですから、まず彼らをなんとかしたいとは思いますが。
Commented by abusan at 2006-01-11 16:48 x
あの中共政府に泣きつきに行ったのでしょうかと。はっきりいって
サダム・フセインと比べて屁垂れな話しです。流石は豚将軍だと( ´,_ゝ`) プ

>中華は食べるものであって、飲み込まれるものではありませんから。(笑

朝鮮族も日本族も好きなのが中華料理アル。
Commented by k_milliard at 2006-01-12 09:25
abusan さん、どもども~
捕まってからのフセインの言動からは、頑固おやじのようなモノを感じますが、将軍様の場合はビビりな上にヘタれだと思います。
今朝の報道では、どうやら上海を視察しているようですね。


<< お約束ですか? 【韓国の熱い論争編】      中国様の言い分を聞けば全て丸く... >>