んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 26日

むこうの思惑どおり

「拉致解決につながるのか」 並行協議、家族から疑問(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  25日終了した日朝政府間協議は、国交正常化交渉を含む並行協議を来年1月末までに
 開始することで合意したが、北朝鮮の「拉致問題は解決済み」との主張はそのまま。「本当
 に問題解決につながるのか」と、拉致被害者の家族からは疑問の声が上がった。
--- 記事引用終了 ---

家族会から疑問の声が上がるのは当然ですね。
日本に経済制裁する姿勢があるのならまだしも、どう見てもやる気配は無いですし。
じゃ、これからの交渉で北朝鮮が今までのような態度を取り続けたとして(たぶんそうなると思うが)、どうするつもりなのでしょうか?
きっと小泉首相なら「状況を適切に見極めて判断する」みたいなことを言いそうなんだけど、これで並行して日朝国交正常化も話し合われることになったわけで、家族会ならずとも誰だって「本当に大丈夫なのか?」と疑問に思いますよ。
もし、拉致事件が現状のままで日朝国交正常化が現実味を帯びてきたなら、相当な国民の反発が予想されると思います。
それを予想している北朝鮮の工作活動は、これからますます活発になることでしょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-12-26 09:46 | 拉致事件関連


<< 友情にブームなんか要らない      苦が苦でなくなる方法 >>