2005年 12月 08日

お互いの協力

米航空保安官、乗客を射殺 「爆弾所持」と話す(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  米CNNテレビなどによると、フロリダ州マイアミのマイアミ国際空港で7日午後(日
 本時間8日未明)、手荷物の中に爆弾を持っていると話した男性乗客(44)に向けて航
 空保安官が発砲、この乗客は死亡した。
 
 捜査当局によると、乗客は実際には爆弾を所持していなかったという。
 
  事件は、コロンビアから同州オーランドに向かう途中に同空港に立ち寄ったアメリカン
 航空924便とターミナルを結ぶ通路で発生した。
 
  同テレビなどによると、旅客機が同空港に着陸する前後に、この男性乗客が手荷物の中
 に爆弾を持っていると話した。男性乗客は飛行機を降りた後、床に横たわるよう求めた航
 空保安官の命令を無視し手荷物に手を伸ばしたため、同保安官が発砲したという。
 
  捜査当局は、男性乗客はコスタリカ出身で米国に帰化していたと発表。米メディアによる
 と、事件当時は妻と一緒だった。目撃者によると、妻はこの乗客が精神面で問題を抱えて
 いると話していたという。
 
  2001年9月の米中枢同時テロ以降、米政府は旅客機内に武装した航空保安官を搭乗
 させるなどテロやハイジャックの防止に当たってきたが、実際に発砲があったのは初めて。
 
  現場には爆弾処理班が駆け付け、付近には武装した特殊部隊も集結するなど一時緊迫
 した。(共同)
--- 記事引用終了 ---

アメリカだったら撃たれるよなぁ。
これが日本だったらまず撃たれないし、もし撃たれたとしても撃った警官が責められるんだろうけど、この記事を読む限りでは乗客が撃たれたのはしょうがないかも。

日本でも、公共の乗り物とか施設の中で、冗談でも「爆弾を持ってる」なんて言ったら一気に緊迫した空気になるんじゃないですか?
特に電車は以前よりも敏感になったでしょう。

かつて電車は他の乗り物に比べれば安全な乗り物の代名詞みたいなもんだったのに、あんな大事故が起きてしまうんだから世の中なにが安全なんだか分かったもんじゃないですよ。
それでも、私も鉄道会社を信頼して通勤するしかないのですが。
それと、乗客の側もテロを未然に防ぐ意味でもお互いが協力して、安全に過ごしたいものですねぇ。
[PR]

by k_milliard | 2005-12-08 12:11 | ニュース


<< 食は新中国に在り      分からなかったというより、分か... >>