んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 21日

売れる気ぃ無いやろ

吉本タレント、世界遺産で大暴走も反省なし(ZAKZAK)
--- 記事引用開始 ---
  「ドゥーン!」の一発芸で有名な吉本興業所属のコメディアン、村
 上ショージさん(50)=写真右上=が北海道・知床で行われたよ
 みうりテレビのロケで、観光客に「アホ、バカ」など執拗(しつよう)
 に暴言を浴びせ、後に謝罪するトラブルを起こしていたことが18
 日、分かった。世界自然遺産の中でバカ騒ぎする非常識な番組も
 さることながら、観光客の注意に逆ギレとは開いた口がふさがらな
 い。警察も出動する騒動となったショージさんの大暴走とは…。
--- 記事引用終了 ---

アカンわ。
二つの意味で村上ショージ、アカンわ。

一つめは、もちろんこんな騒動をおこしたコト。。
紳助もそうだけど、ちょっとしたことでキレやすい人の性格はなかなか治らないでしょう。
特に関西芸人にはその傾向が強い人が多いように思う。
去年の紳助の暴力事件では紳助を擁護することを書いたけど、彼の話芸に対する評価とは別に、安易に暴力を振るうような人は誰であれ嫌いです。

二つめは、相手をけなした主な言葉が「アホ、バカ」ってのが芸人としての底の浅さを表してる、と言う意味でアキませんわ。
言葉で仕事をしてる人ならもっと他に言う言葉があっただろうに。
ボキャブラリーが子供並みって、芸人としてどうなの。
芸人というよりは、仲裁に入った警官まで怒らせたって・・・それじゃあチンピラと同じ。
数少ないファンの好感度を下げてしまっては、この先「お笑い」で食ってくのも厳しくなりそう。

それと、注意されただけでキレる芸人も悪いけど、番組制作会社のスタッフも悪いね。
世界自然遺産で他の観光客に迷惑がかかるようなロケをしておきながら、そのフォローが出来てない。
テレビの撮影だからと、少々のことは許されると思ってたのかな?

まぁ、いずれにしても、これから村上ショージをテレビで観ても、その程度の人なんだとしか思えず笑えないでしょう。
(そもそも、「ひょうきん族」の後、村上ショージのギャグで笑ったコトが無いが)
[PR]

by k_milliard | 2005-10-21 16:45 | ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2365688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by abusan at 2005-10-22 09:54 x
大阪も芸NO人がぎょうさん居るように成りましたわなあ(--;) ウ
ホンマ、アカンて!こんなの芸とは言わんて!昔やったらこんな事
やったら先輩芸人から大目玉が出る程にえらい怒やされたもんです。
だから東京もんに「大阪民国」と馬鹿にされるのやと。
(今の大韓民国の実情でお察しくださいm(__)m)

こんな事やったら吉本興業の看板に関わりますわなあ。
吉本の社長さんも反省せんとホンマ会社潰れるで!
大阪商人は信用第一やさかいに。
Commented by 嫌! at 2005-10-22 16:44 x
大阪弁しゃべれるだけで、ゲイ人やと思うたはるゲイ人、多いんと違いますか?大阪弁の質も落ちました、アチャコ、エンタツの言葉には品がおました。
何でもかんでも、大阪の河内弁が幅をきかす様に成ったら、お仕舞いでんな。東京の人が聞いても全国の人が聞いても「面白いですね」、京都で「芸に品がおますなあ」、そう云われんのが芸人でっせ、今はゲイ人
ばっかりや。
「おおきに、おおきに」と基本しゃべれる芸人居てまへん、偉ろう成ってしもうて、「ハナキ、キョウ」位でんな、大阪芸人ちゅうのは。
Commented by k_milliard at 2005-10-24 09:53
abusan さん、こんにちは~
やっぱり、昔のような師匠と弟子とか兄弟子の関係がガッチリあって、下の者がヘタをしたら上がガツンと怒る、そういうのが希薄になってきたせいもあるんでしょうか。
もしオール巨人が兄弟子だったらパンパンにされてるでしょう。(笑
まぁしかし、モラルの低い芸人は淘汰されるのがオチなのは間違いないと思います。
Commented by k_milliard at 2005-10-24 09:58
嫌! さん、こんにちは~
いや~、ほんとそうですよ。
芸人じゃなく、ゲイ能人ばかりが増えている感じがします。
特に、上方のお笑いなら話芸があってナンボやと思うのですが。
ハナキ師匠は素晴らしいです!
昔の新喜劇に出てるVTRを観ても、今でも爆笑します。


<< せめて、災い転じて福と成して欲しい      自由を恐れているのは誰だ? >>