んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 21日

自由を恐れているのは誰だ?

報道自由度で北朝鮮最下位 米国は44位に転落(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ジャーナリストの人権保護を目指す国際組織「国境なき記者団」(本部パリ)は20
 日、2005年の世界の報道の自由状況に関する格付けを発表、北朝鮮が昨年に続き最下位で16
 7位だった。
 
  また、米国が昨年の22位から44位に転落。情報源秘匿を守ったニューヨーク・タイムズ
 紙記者の拘束を主要原因として挙げた。昨年42位だった日本は37位。
 
  このほか、ミャンマー、中国、ベトナム、ラオスなどアジアとウズベキスタン、アフガニスタン
 など中央アジア、イラン、イラク、サウジアラビアなど中東の諸国を報道の自由が制限されて
 いる国とし憂慮を表明した。
 
  発表は、混乱の続くイラクで今年初めから24人の記者が殺害されたほか、世界で72人
 の記者と協力者が殺害されたと指摘した。
--- 記事引用終了 ---

いやぁ~、自由って本当にいいもんですね。(笑

日本の報道が十分だなんて思わないけど、少なくとも自由な報道が出来る環境にはあるわけで。
21世紀のこの時代、民間の報道機関が無いっちゅう国はヤバいでしょ。
それとも、偉大なる首領様さえいれば報道の自由が無くとも安心ですか?(笑
そんな世の中私は嫌ですね、想像するだけでも怖いですよ。
統制って言っても、国民を他の国とかテロリストから守るためのものであれば止む無しと思いますが、己の体制を維持するためだけに自国民を管理・統制するのは、これからの時代通用しないでしょう。

ネットは危険で色んな情報で溢れてるけど、たとえ無法地帯であってもその中から自分で情報を収集し取捨選択出来るのは幸せなことですね。
[PR]

by k_milliard | 2005-10-21 11:39 | ニュース


<< 売れる気ぃ無いやろ      信頼第一 >>