んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 03日

今こそ情報を活用する時代

NHKアーカイブス「NHK特集(1982) 私は日本のスパイだった・ベラスコ」

恥ずかしながら、これを観るまで私はこの方の話を知りませんでした。
第二次世界大戦時、スペイン人ベラスコ氏が日本のスパイとして米英の情報を日本に提供していたそうです。
方法としては、彼の手下のスパイがアメリカ各地に潜伏・情報収集し、それをベラスコ氏がまとめてスペイン駐在日本公使館に提供し、それが日本に送信されていたそうです。

ベラスコ氏のスパイ活動の話も良かったですが、残念なのは、こうやって入手した敵国の情報を日本が生かしきれていなかったことです。
日本側の証言にもありましたが、日本軍には統一された情報部が無く、せっかくの敵国情報を正確に把握し判断するなど分析が出来ていなかった。
もっと情報分析に重点を置いて活用していたら・・・と悔やまれてなりません。

それと、今の日本にこそ、このような情報に特化した組織が必要だと思います。
なんせ、軍事力の行使にはかなり制約がありますから、各国の情報を収集し外交的に生かそうとする方法は有効でしょう。
北朝鮮の工作員がウヨウヨいるような「スパイ天国」日本ですが、それを逆に利用してこちらから仕掛けていくくらいの意気込みが欲しいです。
もし、北朝鮮にスパイを送り込める、もしくは北朝鮮内部に潜伏している反体制組織と通じることが出来れば彼らをバックアップして、核兵器製造に関する情報も大事ですが、拉致されている日本人がどこに生存しているのかを把握しておきたいですね。
奪還するのが難しいとしても、誰がどこにいるのかさえ分かれば手の打ちようもあるんじゃないかと。
少なくとも交渉の仕方は変わってくるでしょう。
表立って情報部の設置が出来ないなら、総務省にダミー部署を作るとかして歳費削減で浮いた予算をそこに回して運用するとか・・・私の妄想にすぎないですが。
これまでのように事を荒立てずに国際法の中で解決しようとするなら限界があるわけで、要は本気で解決する気があれば秘密裏にでもまだまだやれることがあるんじゃないか、と思った次第です。
[PR]

by k_milliard | 2005-10-03 13:24 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2285892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 思うて学ばざれば則ち殆し at 2005-10-06 07:15
タイトル : 日本にもCIA? ムリだろうなぁ
在外公館に情報官 外務省、5年間で100人配置  外務省は20日、対外情報収集能力の強化を目的として、在外公館で情報収集活動に専従する「情報担当官」を来年度に新設する方針を固めた。5年間で100人配置する方針。対テロ情報や周辺国・地域の大量破壊兵器の拡散防止に向けた情報収集にあたり、体系立った情報戦略の構築を目指す。初年度は米英中など30カ国に30人を配置する。将来的には情報機関「対外情報庁(仮称)」の創設に向けて、環境を整備するねらいもある。 -----中略-----  町村信孝外...... more
Commented by あらた at 2005-10-03 20:25 x
はじめしてこんにちは。
私も「ベラスコ」を拝見しました。大戦中に情報が筒抜けではありましたが米国本土に日本の諜報チームが存在していたことに驚きました。そして最後の一等書記官からのメッセージを喜びながら聞くベラスコ氏をみて、とても深い友情と信頼を感じ、涙ぐんでしまいました。「すべては無駄だった」というベラスコ氏の言葉に彼の無念さがあると思います。
Commented by k_milliard at 2005-10-04 01:29
あらた さん、はじめまして~
最後の言葉はきましたねぇ、重かったというか。
国の歴史の重みもありましたが、人生についても考えさせられました。
儚い人生、しっかり生きなきゃなぁって思いました。
Commented by abusan at 2005-10-05 12:49 x
我が日本もそうですが南鮮の情報戦も大概杜撰ですなあ┐(´ー`)┌
先日の「ちぱてつや騒動」で思いました。

良く考えたら謝罪マラソンのサヨクをも貶めていた事で南鮮マスゴミ
の報道は徹底して疑うべきでしたが、鵜呑みにしてしまいました。
しかし、虚報を流したことで2度と同じ手が有効に使えなくなるとは
本当に反日南鮮マスゴミは大間抜けな存在です。

埋伏の毒もなければ二虎競食もなく、駆虎呑狼も無い。
つまり何の策略謀略も無いって事です。
中共もそうですが南北朝鮮も「崩壊寸前」ですな┐(´ー`)┌
Commented by k_milliard at 2005-10-06 01:46
abusan さん、こんにちは~
今話題の「ちばてつや騒動」ですね。w
私も、ちょっとでもちばさんを疑ったのを恥じています。
しかし・・・すぐにバレる嘘を堂々と・・・
元宗主国ともども、この数年間は目が離せませんね。
Commented by カァ at 2005-10-06 07:23 x
私もベラスコ氏のことを知りませんでした。まぁ当時の日本は、あたりまえの国だったってことでしょうか。能力は劣っていたようですが…
Commented by k_milliard at 2005-10-06 14:42
カァ さん、こんにちは~
これからの日本、なんとかまともな国にしたいですねぇ・・・


<< 崩壊、その先にあるモノはナニ?      タカッてユスッて、大忙し >>