2005年 09月 28日

言語道断

国連、北に横田さん「死亡」根拠要求 総会で審議へ(産経新聞)
>  国連は27日、北朝鮮の人権状況に関する最新の報告書を発表し、北朝鮮側が
> 生存している拉致被害者の帰国を求める日本の主張に迅速に回答するとともに、
> 「死亡」としている横田めぐみさんら安否不明者について「信頼できる客観的根拠」
> を示すよう勧告した。報告書は、開会中の第60回国連総会に提出されており、10
> 月3日から始まる総会第三委員会(人権)で初めて本格的に審議される。
>
>  報告書は、国連人権委員会のビチット・マンターポーン特別報告者(タイ)がまとめ
> たもので、人権をめぐる北朝鮮の姿勢は「言語道断」と非難。第三委員会の審議
> で、北朝鮮非難決議案の策定要求など同国に対する批判が高まれば北朝鮮側が
> 反発するのは必至で、国連との関係悪化が懸念される。
>
>  報告書は北朝鮮の人権状況について(1)大幅な食料不足や子供の栄養不良率
> の高さ(2)政治・思想犯やその家族に対する迫害(3)犯罪者収容施設などでの女
> 性への暴行(4)厳しい移動の自由の制限―などが認められると批判。状況改善の
> ため、北朝鮮が加盟する4つの人権条約順守など15項目を勧告した。
>
>  その上で、マンターポーン氏が今年2月から3月に日本を訪れた際の調査を踏ま
> え、横田さんの「遺骨」として北朝鮮側から提供された骨がDNA鑑定で別人のもの
> と判明した問題などを念頭に、安否不明者に関する「あいまいさや矛盾点」を明確
> に説明するよう北朝鮮側に要求した。
>
>  同氏は昨年7月に初代北朝鮮問題担当特別報告者に就任し、今回が2回目の報
> 告。北朝鮮が調査協力を拒否しているため、北朝鮮との関係が深い国の政府や非
> 政府組織(NGO)の情報などに基づいてまとめた。
>
>  ■北朝鮮の人権状況と国連 北朝鮮は「子どもの権利条約」など4つの人権条
> 約に加盟しているが、履行上の問題点が指摘されており、国連人権委員会(ジュネ
> ーブ)は2004年、タイ・チュラロンコン大のビチット・マンターポーン教授(国際法)
> を初代の北朝鮮問題担当特別報告者に任命することを決議。マンターポーン氏は
> 同年の国連総会で最初の口頭報告を行った。05年に入って最初の報告書をまと
> め、訪日調査などを踏まえて今回、日本人拉致問題などに関する勧告を盛り込ん
> だ2回目の報告書をまとめた。国連人権委は03年以降、3年連続で北朝鮮非難決
> 議を採択している。(共同)

何度言ってるのか分からないですけど、じわじわと締め付けてます。
国際的な包囲網は確実に北朝鮮を追い込んでいると思います。
特別報告者のマンターポーン教授がタイの方なのもいいですね。
10月3日から始まる総会第三委員会(人権)の動向に注目しましょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-28 11:43 | 拉致事件関連


<< 何が良くて何が悪いんだか・・・      おごれる人も久しからず >>