んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 23日

見る人が見れば分かる

中国の対日歴史観に違和感 米国務副長官が見解(産経新聞)
>  【ニューヨーク=長戸雅子】ゼーリック米国務副長官は21日、先の米中首脳会談に関連
> してニューヨーク市内で講演、第2次世界大戦をめぐる中国の対日歴史観について、「かな
> りのギャップを感じるところもある」と違和感を表明、日米中3カ国の歴史専門家による協議
> で認識格差を緩和できるのではないかと提言。米政府高官が日中間の歴史認識摩擦に関
> して踏み込んだ発言を行うのは珍しい。

>  第2次大戦をめぐる日中間の歴史認識に言及して、「中国にとり、日本との歴史認識問題
> が敏感な問題であることは理解できる」と述べる一方で、満州事変(1931年)を糾弾する
> 中国・瀋陽にある「9・18歴史博物館」を訪れたことを例に挙げて、米国が参戦した1941
> 年からソ連軍の日本侵攻までの年代順記述が飛ばされていた点を指摘、「中国が語る歴
> 史にもかなりのギャップがあると認識した」と疑問を示した。
>
>  そのうえで「3カ国の歴史家による協議を始めることで、こうした『誤解』を少なくすることが
> 可能だ」と述べ、日中両国の歴史認識をめぐる問題に、米国が一枚かむことが解決の一歩
> になるとの考え方を提示した。

まぁ、自分とこに関する部分の記述がおかしければ指摘もするでしょうけど、歴史認識についてはこうやって欧米を巻き込んでやるのが賢明なやり方でしょう。
歴史認識を統一しようとするのは無理ですが、歴史的事実に関しては欧米が一枚噛むことによって、近隣三国の誇張や捏造が是正されるきっかけになるかもしれません。
あまりアメリカに頼るのは情けなくて嫌なんですが、この際、韓国にも何か言ってもらいたい気が・・・
(あぁ、属国根性な、ワ・タ・シ)
[PR]

by k_milliard | 2005-09-23 12:18 | ニュース | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2263492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from こっちへおいでな at 2005-09-24 01:11
タイトル : 自閉モード解除・・・が、しかし。
 共産党市議のBlog「千茶庵の日々草」が自閉モードより復活。  ただし都合の悪いコメントは一切削除し、自分達の都合のいいコメントだけ残しての復活のようである。どうせまた異論反論指摘など殺到すれば自閉モードに入るのだろうけれど。  Blogには次のような言葉が書....... more
Tracked from 諸葛川 at 2005-09-24 15:34
タイトル : エンタメ情報 お笑い掲示板
一見、まともな流れになってきたかに見えた、「ねぶた掲示板」 ですが、常連さん達によるもの凄い電波の炸裂が再開されました。 すっかり、お笑い掲示板になってます。 今までの経緯を知りたい方はまずこちらからご覧下さい。 以下にその書込みを抜粋しましたので、凄い電波ぶりをお楽しみ ください。w (注意:この掲示板に書込みされる方は冷静になって書き込まれ るようお願いします。) おもしろ発言1 「モシモーーーシ、ここで訴えても無駄ですよ? リサ ...... more
Commented by torisugari at 2005-09-23 22:33 x
仕方ないでしょう。
日本ではインテリゲンチャに属する連中に足を引っ張る連中がゴマンといるし、
中朝(流行に乗れば特定アジアか)は完全に日本をなめていますから。
実際ドンパチに持ち込んで強制的にわからせる、あるいはわからされる(嫌だなぁw)しか解決しないでしょう。
それに対して欧米諸国には4国ともへたれているので、彼らを巻き込んで、
彼らのルール上で派手に宣伝しながら戦えば、
まぁ当面の決着は話し合いで済むでしょう。

ただ自虐風味ナルシズムサディストと自分でも書いてて良く判らない
属性を身に付けた今のドイツ人とかリーハンに煽られるアメリカ人とかの
ルール上で戦うというのもあまりゾッとしませんが・・・。

でも、物事にはベターというものがありますから。
Commented by k_milliard at 2005-09-24 00:17
torisugari さん、こんにちは~
今の日本では、上手く周りを巻き込んでいくのがいいでしょうね。
当事者同士では埒が明かないですから・・・


<< 時が経てば分かり合える戦争と、...      世界の王、此処に在り >>