2005年 09月 22日

人間だもの

造反第2弾!?首相指名で無効2票の真相(日刊スポーツ)
>  では誰が…。一時は武部勤幹事長や森喜朗元首相から叱責(しっせき)された杉村太
> 蔵氏でないかとの説まで流れたが、“犯人”は別にいた。
>
>  1人は埼玉6区から出馬し、比例で復活した自民新人の中根一幸氏(36)、もう1人は
> 民主党で3期目の当選を決めた三井辨雄氏(62)だった。
>
>  衆院議事課によると、首相指名選挙は記名投票で、投票用紙には、赤い枠があり、指
> 名する議員の名前と、自分の名前を記入する必要がある。しかし、中根氏の投票用紙に
> は「小泉純一郎」の名前はあったが「中根一幸」の記名がなかった。自民党は新人議員8
> 3人に対する党本部主導の研修会「小泉学校」で指導を続けているが、新人の単純ミス
> で小泉首相は1票減らした。
>
>  しかし、前原新体制下となった民主党もしまらない。同党所属113人と同一会派の田
> 中真紀子氏、無所属の下地幹郎氏を加え、前原氏115票になるはずが、114票だっ
> た。無効となった三井氏は、中根氏同様で、自分の名前を記入していなかった。民主党
> は本会議直前、ホワイトボードに投票用紙の拡大版を書いて記入例を示し、事前講習し
> ていた。戦う野党を前面に出し、巻き返しを図ろうとする民主党だけに、3回生議員の単
> 純ミスはあまりにお粗末だった。

私には政治家の能力は無いと思っていましたが、政治家でもこんな初歩的なミスをするんだなぁと思うと、ちょっと癒される思いです。(笑
人間にミスはつきものですが、数百人もいると一人二人はこんなコトになるんですかねぇ。
まぁ、締まらない話ではありますが・・・
[PR]

by k_milliard | 2005-09-22 13:12 | ニュース


<< 世界の王、此処に在り      政治家に憧れ >>