んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 22日

政治家に憧れ

最年少26歳杉村氏ら83人、小泉学校でお勉強スタート(サンスポ)
小泉首相を第89代首相に選出 第3次内閣発足(産経新聞)

自民党新人議員の勉強会の様子と特別国会初日の映像をニュース等で観ました。
嬉しそうに初登院する新人議員の面々を観ていると、なんだか楽しそうな場所のように思えてきて、ふと「政治家って面白そうやなぁ」と思ってしまいました。
私には政治家の要素も能力も無いので、あくまで夢の世界の話ですが、もし私が国会議員になったとしたら、外国人に対する優遇措置の撤廃を訴えますね。
甘えの構造を断ち切るために、協定永住の廃止とか。
・・・そんな修正法案、国会で通過しないだろうな。(笑
そんなコトを言った日にゃ、誰かのように任期中に上手く殺されてしまうか、スキャンダルをでっち上げられて失脚するかのどちらかでしょう。

それはさておき、なにかとメディアで取り上げられる機会が多い自民党の新人議員さん達ですが、観ていて「これは如何なものか?」と思った映像が一つ。
報ステで、杉村太蔵議員を取材している様子が映っていました。
杉村議員は最も若い議員さんだしテレビ映り的にも面白いので特に取材していたんだと思いますが、リポーターに取り囲まれながら走る杉村議員の両サイドを、テレ朝の映像なのにどういうワケかフジテレビの局アナと「とくダネ!」のリポーターがガッチリキープしていて、杉村議員も含めて全員がニヤニヤ笑っていました。
まぁ、タレント気取りの杉村議員のコトは置いといて、取材対象をオモチャに出来ると踏んだ時のマスコミの容赦の無い「政治のバラエティ化」を目の当たりにして、少し嫌な気分になりました。
特になんなんだ、フジテレビは。
あれじゃ、「めちゃイケ!」99岡村の「横山弁護士」のコントと同じじゃないか。
「とくダネ!」でも、エラそうに政治談義している割には、本音は「面白い映像」を撮りたいだけじゃないの?

小泉政治を批判する意見もありましたが、結局「小泉劇場」を作っているのはマスコミでしょう。
自分たちでネタを作って提供する、マスコミの姿勢が良く分かりました。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-22 10:01 | ニュース


<< 人間だもの      現場の教師が消したい歴史 >>