2005年 09月 14日

小泉首相は想定内?

教科書・拉致・靖国…メンバー相次ぐ落選 自民「保守派」思わぬピンチ(産経新聞)
>  衆院選自民党圧勝の陰で、党内でも日本の歴史や伝統、国益を重視する理念的
> な「保守派」がガタガタになり、立て直しを迫られている。郵政法案に反対票を投じ
> 公認を外されたり、落選したりしたケースが少なくないためだ。保守派のまとめ役を
> 安倍晋三幹事長代理が担ってきたことから「安倍シンパの分断選挙になった」(自
> 民党筋)との声もあり、「ポスト小泉」選びにも微妙な影を落としそうだ。

もし、小泉首相がこれを意図して選挙戦を戦っていたとしたら、恐ろしいものを感じる。
つまり、党内の保守勢力の影響力低下も狙いの一つだったのかどうか。
そうは思いたくないけれど。
いずれにしても、結果的に自民党の保守性が弱まったのは間違いなさそうだ。
日本の与党の保守勢力の影響力が低下した場合、これを歓迎しそうな国や組織は数知れずあるだろう。
特に、北朝鮮を始め外交政策にどのような影響が考えられるのか。
小泉首相は郵政民営化のことしか考えてなかったのかもしれないけれど、今回の選挙は、そういう意味でも大きな転換点だったのかもしれない。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-14 12:04 | ニュース


<< 人権に配慮さしあげたら?      日テレの仇をTBSで討つ >>