2005年 09月 12日

政界再編を求む

最寄駅で、バイトの兄ちゃんが英会話学校のチラシを配っていた。
急いでいたけど、もらってあげた。
こうして、いつもの朝が戻ってきた。

喧嘩上等、小泉首相の圧勝。
「郵政民営化に賛成か?反対か?」の二択で迫った小泉首相のやり方が、この自民党圧勝につながったのだろう。
負けた側がどのように負け惜しみを言おうとも、選挙の結果が国民の民意だろう。
「郵政民営化法案を通せ」と国民が選択した。

圧勝の傍ら気になったのは、自民党に対する追い風・・・その大きな要因として小泉首相への熱狂的な支持があったと思う。
小泉首相と岡田代表が同日に大阪に応援演説に来たときの模様を伝え聞くと、岡田代表が数百名の支持者に迎えられたのに対し、小泉首相は千人以上の支持者に熱狂的に迎えられたようだ。
私は実際に見てないが、少なくともマスコミはそう伝えた。
この追い風となった「熱風」は、はたして小泉首相の計算通りだったのか、それともそれ以上だったのか。
自民党が勝ったのがダメだとは思わないけど、この「熱狂的」に民主主義の怖さを感じた。

民主党が沈んだのは良かったと思う。
これで党首が変わるのはいいことだろう。
今回、私は投票所に行くまで、特に選挙区は投票用紙に書くまでかなり悩んだ。
それは、今の政界には確信をもって投票できる政党が無いのが一番大きな理由だった。
当分は無理かもしれないが、願わくば近い将来に政界再編が起こり、もっと思想的・政策的にまとまった政党が生まれたほうがいい。
消極的にではなく、積極的な投票をしたい。

さて、大阪10区。
社民党の辻元氏が当選したけど、唯一の救いは選挙区では落ちていたことくらいか。
何度見ても、あの顔を見るたびに虫唾が走る。
いい加減慣れないと精神的に良くない。

それと、大阪17区。
西村さんも選挙区ではダメだったけど、比例で救われた。
なんで選挙区でダメかな~。
原口さんや松原さんもそうだったけど、拉致事件に積極的な方は選挙区でダメでしたか。
それはつまり、拉致事件への関心が薄かった・・・ということでしょうか?
それが残念だったなぁ。


いずれにしても、今回の選挙で郵政民営化法案が可決されるのは決まったので、この結果責任だけは国民が引き受けましょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-12 12:18 | 寸評


<< 正しくは抗務員ですか?      無邪気な犯罪? 幼児性お遊び症候群 >>