2005年 08月 30日

他にも言うことあるだろう

朝日記者が虚偽の取材メモ 選挙記事に誤り、懲戒解雇(産経新聞)
>  朝日新聞社は29日、長野総局の西山卓記者(28)が作成した虚偽の取材メモ
> に基づき、誤った総選挙の記事を掲載したとして、西山記者を懲戒解雇、監督責任
> を問い木村伊量東京本社編集局長と金本裕司長野総局長を減給・更迭とするなど
> 関係者を処分した。

今回こうやって自社の不祥事を自ら積極的に明らかにしたことで、逆に今まで朝日新聞社がやってきた誤報・捏造、そして今年のNHK及び自民党幹部との問題等について、ちゃんと自社の問題点を自覚しているな、と感じました。
朝日に好意的に考えてあげれば、今までウヤムヤにしてきた事象が多すぎて、もう”のっぴきならない”状況まで来ており、謝ろうにも謝れない、引き返せないからこのまま上手く突っ走るしかないんでしょう。
まるで、指名手配中の放火魔が逃亡中に赤信号を無視した瞬間、窓から顔だけ出して「すいません、心から謝ります」と言って立ち去ったような感じ。
そこだけ丁寧に謝られてもねぇ・・・
[PR]

by k_milliard | 2005-08-30 09:31 | ニュース


<< 危険な大阪弁      政局、雑感 >>