んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 10日

誰がこの画集を日本に紹介するのか楽しみだ

日本軍細菌戦被害者の実録画集出版(中華人民共和国大使館)
>  画集「血涙の訴え──中国侵略日本軍の細菌戦による炭疽病、鼻疽病に侵された生存者
> 実録」がこのほど、中央文献出版社から正式に刊行されたことが、8日南京で開幕したホ
> ロコーストと南京大虐殺国際セミナーで明らかにされた。
>
>  同書には中国人民解放軍某部隊報道部門の幹部で若手学者の李暁方氏が、2001年
> 以降、浙江、江西両省の杭州、金華、衢州、麗水など20の県と市で、日本軍の細菌戦で
> 炭疽病、鼻疽病に侵された200人余りを聞き取り調査した時の写真や記録が収められて
> いる。

中国によるこの手の訴えや非難は後を絶ちません。
次から次へと「加害者日本」を作り出し、それを根拠に圧力をかけ譲歩なり金を求めてくる。
この画集だって、当時の記録じゃなくて聞き取り調査の時のものでしょ。
んなもん、中共政府やったらなんとでも出来まんがな。
こんな画集ごときでゆすられないよう、日本はちゃんと対応しないといけませんね。

ところで、南京で開幕したという「ホロコーストと南京大虐殺国際セミナー」ってのもトホホですね。
30万人殺したという虚構の南京大虐殺を人種差別と同格に扱おうとするあたり、涙ぐましい努力に脱帽です。
それと、ホロコーストについては志あるユダヤ人側から「ホロコースト産業」の実態が明らかにされ、ホロコーストをネタに金儲けを企むユダヤ人の存在が指摘されていますが、もはや南京大虐殺も「南京大虐殺産業」として立派に確立していますね。
他には、実態が無く虚報や捏造をネタにした「従軍慰安婦産業」とか「強制連行産業」ってのもありますが・・・
要するに、反日勢力と近隣大三嫌にとって日本は大事な金ヅルってコトで。
[PR]

by k_milliard | 2005-08-10 11:28 | ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2161929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< どう考えたって胡散臭いだろ      改名:議員難民主党 >>