んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 14日

良い図書 悪い図書 普通の図書

独断廃棄は著者の利益侵害 最高裁「図書館は意見伝える場」(産経新聞)
>  千葉県船橋市立西図書館が著書を廃棄したため、表現の自由を侵害されたとし
> て「新しい歴史教科書をつくる会」と作家の井沢元彦(いざわ・もとひこ)さんら7人
> が、市に慰謝料など2400万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第
> 一小法廷は14日、「公立図書館は思想、意見を伝達する公的な場で、職員の独断
> による廃棄は著者の利益を侵害する」との初判断を示した。

>  判決などによると、扶桑社が発行した教科書の採択をめぐり激しい論争が起きて
> いた2001年8月、司書が同会編集の書籍や会員の著書などを、廃棄基準に該当
> しないのに蔵書リストから除外。107冊が廃棄された。
>
>  市は翌年、この司書を減給の懲戒処分とし、廃棄図書のほとんどは、司書らが同
> じものを寄付して補充したが、井沢さんらは「一方的に排除する思想弾圧で、表現
> の自由や著者の人格権を侵害された」として司書と市を相手に提訴した。

>  上告審では司書に関する上告は認められず、市の責任が争点になった。市側は
> 「著作が流通することで表現の自由は保障されている。購入した本の扱いまで強制
> すれば、受け手側の自由を侵す」と反論していた。


「つくる会」関係者著作の図書館蔵書処分は違法 最高裁(朝日新聞)
>  問題となったのは、千葉県船橋市立西図書館の女性司書が01年8月、
> 同館の除籍基準に該当しないにもかかわらず、つくる会や同会関係者の
> 著書30冊を含む計107冊を廃棄したこと。「教科書が教えない歴史1」な
> どが廃棄された。
>
>  これに対し、同会と井沢元彦氏ら著者7人(うち1人は死去)が「表現の
> 自由などの権利を侵害された」などとして、市と司書を相手に計2400万
> 円の損害賠償を求めていた。原告の著書以外で廃棄されたのは、西部邁
> 氏の著書43冊と渡部昇一氏の著書25冊など。

このニュースで思い出した。
そう、2001年8月は教科書の採択でモメていた時期で、ネットでは、全国の図書館に対して関連図書を排除するように、という運動が行われていました。
これは、その中で実際に発生した事件です。
審理が差し戻しになって良かった。

きっと、この廃棄した女性司書は、偏狭な正義感から公務員としての職務義務を違反してしまったのでしょう。
市側のコメントに「受け手側の自由を侵す」ってあるけど、言ってる理屈が左側しか歩けない市民団体と同じだね。
都合のいい「自由」の解釈。
それを公僕が言っちゃダメなの。
だから職務義務違反なの、分かる? >船橋市

しかし、廃棄されてたの、井沢さんの他は西部さんと渡部さんだったのね。(笑)

もし、反日勢力や近隣諸国の望む通り、教科書の採択に介入されたり戦没者の慰霊の仕方に干渉されたとしたら、この先どうなるのかをこの事件は物語っているような気がする。
つまり、彼らのメガネにかなったモノや思想だけが学校で教えられ、学校図書は選別され、図書館でも相応しくないと判定された歴史書や解説書は排除される。
彼らの要求通りに従っていったとしたら、必然的にこうなるでしょ?
あ~怖っ!
これじゃ思想弾圧だよぉ~
まるで中華人民共和国だよぉ~(爆)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-14 13:32 | ニュース | Trackback(3) | Comments(6)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2096097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from + katariya b.. at 2005-07-14 15:38
タイトル : ●史上最も影響力のある教科書。
地方自治体の教科書に国家が遺憾の意。 史上これ程影響力のある教科書があったか?  うんとですね、一応わかっていただけていると思いますが、上の教科書とは「つくる会」の教科書です。そしてボクの基本姿勢としては、実は、つくる会の教科書には反対なんですよね。ですから、進んでつくる会の教科書を採択して欲しいとは思っていません。採択したけりゃすりゃいいですが、つくる会の教科書万歳というわけではないです。 あの教科書は第一、歴史や公民の教科書としてどうなんだ?という感じがしないでもない。歴史の論文とか副読本...... more
Tracked from Absenteの酔いどれ.. at 2005-07-17 00:55
タイトル : 焚書事件での朝日新聞社説を敢えて嗤う
朝日新聞記事の偏向と程度の低さは散々既出な所がありますので 面倒が嫌いな私としては余りネタにしてないのが実情であります。 しかし、今回はどうしてもネタにしたい衝動にかられました。 焚書事件に関する社説で朝日新聞はこう書いてます。 >この裁判をおこした「つくる会」の教科書について、朝日新聞は社説で >「近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観で貫かれ、教室で使うには >ふさわしくない」と主張してきた。だからといって、会の関係者らの著作が >図書館から消えていいとは思わない。 ここからも本...... more
Tracked from 図書館員の愛弟子 at 2005-09-03 00:04
タイトル : 「西尾幹二のインターネット日録」管理人「年上の長谷川」さま。
※下記は標記宛てメールとして送信する予定だったものです。が、私の不徳の致すところ... more
Commented by カエル at 2005-07-14 17:59 x
共産党系の団体も焚書に反対している。
下手に支持すると、自分らの図書だって廃棄される可能性があるからかな。

船橋市西図書館の蔵書廃棄問題に関するアピール
http://www.jca.apc.org/tomonken/nisihunaketugi.htm
Commented by abusan at 2005-07-14 18:05 x
この極左過激派的な女性司書の訴えが差し戻されたのは当然ですな。
共産党系からも批判される行為って。本当にテロリスト的だと言いようが
ありませんな┐(´ー`)┌そんな行為が支持される筈も無し。

しかも共産党系の2002年時点でこうですから如何に、この女の行為が
非常に愚かしいか。愚か者は淘汰されるのみですな。(自業自得)
Commented by k_milliard at 2005-07-15 00:46
カエル さん、こんにちは~
教えて頂いたアピール、もっともな主張でしたね。
たしかに、いくら共産党系と言っても自分の首を絞めるようなことはしないでしょうね。
Commented by k_milliard at 2005-07-15 00:51
abusan さん、こんにちは~
たしかに、この過激な行為は誰にも認められないし、賛同の得ようがありませんね。
それだけ、この問題、気に入らない図書を排除しようとする行為の愚かしかが露になってて、寓話のようでもあります。
Commented by のもの” at 2005-07-15 12:23 x
これを「右翼の書籍が廃棄された事件」としか思わない人もいるんじゃないですかね。
渡部氏が『右』だと言うのは「まぁ、そうだろうなぁ」と思うが、井沢氏は違いますよね。
彼が書いているのは、「マスコミがどのように嘘をついているか」や、「韓国がどれほど歴史を歪曲・捏造しているか」といった事だけですもん。
彼女は、そういうメディアリテラシーを高める本も廃棄したんですよね?
としたら、彼女は真実よりも、自分に都合のいい洗脳された世界を夢見ていたんでしょうね。(なんか、女性でこういう人が多いような気がしてorzです。)
Commented by k_milliard at 2005-07-15 14:12
のもの” さん、こんにちは~
> これを「右翼の書籍が廃棄された事件」としか思わない人もいるんじゃないですかね。
むむ、悲しいかな、いるだろうなぁ。

> 自分に都合のいい洗脳された世界を夢見ていたんでしょうね
きっとそうでしょうね。
まともな判断が出来ない状態だったんでしょう。
この司書を良く解釈してあげたら、純粋だったのかもしれませんね。
その分、染まりやすいというか。
この人こそ、井沢さんの本を熟読して、情報リテラシーの勉強をしたほうがいいでしょう。


<< 首相に期待すること      2005年は一大転換点たれ >>