んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 11日

日本のご注進は害を叫ぶ (・・・ちと苦しい;)

慰安婦発言支持のメール、中山文科相「感銘受けた」(朝日新聞)
>  中山文部科学相は10日、福岡市での講演で、「従軍慰安婦という言葉
> は当時存在しなかった」という自らの発言を支持する日本人留学生のメー
> ルを約9分間にわたって読み上げ、「感銘を受けた」「若い方々は本当に
> 真剣に考えてくれている。ありがたい」と語った。

文科相、「従軍慰安婦はなかった言葉」とのメール紹介(日経新聞)
>  中山文科相は6月に「従軍慰安婦という言葉はその当時なかった」と発言し
> て、韓国などから反発を招いた経緯がある。

非常に淡々とした「ご注進」記事ですが、朝日も日経も「従軍慰安婦という言葉は当時存在しなかった」という発言内容自体の事実検証、及び新聞社としての論評はしたのでしょうか?
まだやってないのなら、近隣諸国にお知らせする前に、まず先にそれをして下さいな。
・・・って、出来るワケないのを分かってて書いてるんだけどね。(笑)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-11 12:54 | ニュース | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/2088407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 依存症の独り言 at 2005-07-11 19:08
タイトル : 中山文部科学相の正論
どこで学んだのかは分からないが、史実に即した極めて正しい認識である。「従軍慰安婦」という言葉は、当の朝日新聞を始めとする左翼系メディアや左翼系知識人が、戦後になって作り上げた「造語」である。 「慰安所」はあったし「慰安婦」もいた。しかし、それと同じような存在は、当時の日本国内の至る所にあった。「遊郭」であり「女郎」である。... more
Tracked from チラシの裏 at 2005-07-13 03:16
タイトル : 【電凸メル凸】中山文科相、発言支持メールを引用【ありが〓】
気晴らしに弟と海に出かけたら武蔵グロッキー。自分も疲労感たんまりです。やはり暑いのは苦手です。だからと言って寒いのが平気って訳でも無い。常春の国マリネラに住みたいなと夢想するチラシです。アサヒの記者の夢想より害が無くってイイんでね、こんな「夢想」は。 先日から、ストレスたんまりで(-_-)な心理状態になっているので今日は将来に希望が持てる記事一つを。 【戦中は「従軍慰安婦」という言葉ない 文科相、発言支持のメール紹介】〜産経新聞WEB版7月11日記事〜 【引用始め】 >中山成彬文部科学相は10...... more


<< 知らぬが仏、では済まされない      テロ撲滅なら賛成だけど、違うモ... >>