んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ
2004年 04月 27日

敬意

私は現政権のイラク政策には反対だし与党は支持してないけれど、小泉首相に対してはそれなりの敬意は抱いている。
決して、呼び捨てにしたりしない。
政策には反対であっても、自国の命運を握っている人なのだから、敬意は払うべきと考えている。
また、他の閣僚や官僚についても、失政や失言があった場合でも、批判はしても無能呼ばわりはしない。
表に出てくる情報だけで批判は出来るかもしれないけど、本当のところはどうなのか、実態がどうなのか分からない状態で非難するのはよくないと思うからだ。
特に大手マスコミの発表だけで判断するのは危険だと思う。
しかし、特定の新聞しか読まないような人は実際に多いし、ネットでの議論との温度差に驚くこともある。

情報に対して受身であってはいけない。
私も、つい自分の志向に合う意見や媒体だけを見て判断しがちで、これは反省すべき態度だと思う。
こちらから他の情報や多様な意見を得ようとする努力はしていきたい。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-27 11:16 | 寸評 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nnaahona.exblog.jp/tb/204261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blue_wind_xx at 2004-04-27 13:44
こんにちは!
k_milliardさんの寸評はとても興味深くて、いつも読ませてもらっていますm(_"_)m
blogを始めて、自分の得られる情報がどんなものなのか、おぼろげながら見えるようになってきた気がしてます(しているだけかも)。
自分で情報を整理して判断する、とっても大事なことなんですよね。普段忘れがちだけれど…
Commented by k_milliard at 2004-04-27 16:01
blue_wind_xx さん、コメントありがとうございます。
読んで頂けて光栄です。
発言する、というのは勇気のいる行為だと思いますが、それで得られる何かがあるならば、十分価値のある行いだと思います。
最終的には私の主観になってしまいますが、これからも思ったことを書いていきたいです。
お互い、楽しいブログ生活を送りましょうね!


<< 日本人らしい性質      社長の憂鬱 >>