2005年 06月 06日

韓国の韓国による韓国のための日本の歴史

「韓日共同歴史」研究も苦しい出発(朝鮮日報)
>  ドイツ政府は1970年代からフランス、ポーランドなど隣国との歴史理解に向け、積極的に話し合いに参加
> したことで、ヨーロッパの信頼を取り戻した。日本には、アジアはおろか、韓国の信頼を勝ち取ろうとする意
> 志はあるのか。

既に信頼されていたら勝ち取る必要など無いですね。 (^o^/~
それと、ドイツとの単純な比較論は、もう聞き飽きた。

つい最近の韓国漁船の違法操業を一つとってみても、報道のされ方や国民の受け取り方に大きな開きがあるんだから、何十年も何百年も昔のことについて話し合ったって合意できるはずがない。
最初っから無理な話だったんじゃないの。
例えば、事実を時系列に網羅して、それについて日本側の見解と韓国側の見解を述べるというやり方であれば可能かもしれないけど、たった一つの解釈だけで語れと言われてもねぇ。
現状であり得るとすれば、日本側の研究者を韓国側の意向に沿った人だけにすれば、一気に解決するでしょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-06 12:24 | 朝鮮


<< ヒールとしての日本      事実を読み取る訓練 >>